食欲がないときはゼリー飲料や経口補水液で

インフルエンザの症状がひどくて食欲がなくても、水分はしっかりとることが大切です。 おかゆやスープなどで水分と栄養を同時にとるのが理想的ですが、むずかしい場合はスムーズにカロリー補給ができる「ゼリー飲料」がおすすめ。また、水分と合わせて身体に必要なミネラルをとれる「経口補水液」も活用しましょう。

インフルエンザの予防に効くレシピ15選

1. ビタミンD補給に。干ししいたけ入りピリ辛豚そぼろ

Photo by macaroni

インフルエンザ予防に欠かせない、免疫力を向上させてくれるはたらきのあるビタミンDは干ししいたけに豊富に含まれていますよ。(※2) 干ししいたけと豚そぼろを炒め合わせれば、アレンジ可能な作り置きおかずの完成。そぼろをごはんやめん類にトッピングして、干ししいたけを気軽にとってくださいね。

2. 和風にも洋風にも合う!鮭とエリンギのガリバタ焼き浸し

Photo by macaroni

ビタミンDはきのこ類だけでなく、魚からもとれますよ。メインおかずにすれば、無理せず多くの量を食べられるのでおすすめです。 こちらは鮭とエリンギをにんにくとバターで炒め、合わせだしに漬けた焼き浸し。洋食にも和食にも合う万能レシピですよ。

3. 焼きねぎとさんまの蒲焼き

Photo by macaroni

つい塩焼きにしてしまいがちなさんまですが、食べやすい大きさにカットしてかば焼きにすれば、いつもと違ったひと品に仕上がります。 抵抗力を高めるビタミンCが豊富なネギと合わせて、インフルエンザに負けない身体づくりに役立てましょう。(※4)

4. さっぱりおいしい。しらす丼

Photo by macaroni

ビタミンDを豊富に含むしらすは、しらす丼にすればたっぷりとれますよ。 しらすは乾燥の度合いによってビタミンDの量が変わります。微乾燥品のしらす100gあたりに含まれるビタミンDの量は46.0μgですが、半乾燥品のしらすは61.0μg。インフルエンザ対策のためには、半乾燥品のしらすを選びましょう。(※9)

5. まるごとししゃもの春巻き

Photo by macaroni

内臓ごと食べられるししゃもはビタミンDの補給に向いています。 ししゃもを頭から食べるのに抵抗があるという方は、まるごと春巻きにして調理しましょう。マヨネーズを合わせると、子どもでも食べやすい味に仕上がりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS