ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコの人が愛飲するコーヒー豆

Photo by akiharahetta

パッケージ上に書かれた「KIRKLAND SIGNATURE」のマーク。これがコストコのプライベートブランドであるカークランドシグネチャーの印です。ご存知の方も多いですよね。 この記事でご紹介する「エスプレッソブレンド」はカークランドシグネチャーでありながら、パッケージにスターバックスと書かれたコーヒー豆。これは一体どういうことなんでしょう?

スタバがロースト!コストコの「エスプレッソブレンド」

Photo by akiharahetta

「スターバックスローストエスプレッソブレンド」1,598円(税込)
まるでコストコとスタバのダブルネームのようですが、それは「エスプレッソブレンド」の焙煎をスタバが行っているから。コストコにそんな商品があるなんて……、ご存知でしたか? コストコにおすすめポイントも聞いてみました!

おすすめのポイント

Photo by akiharahetta

「豆から挽き立てを飲むのがおすすめ。苦味がクセになります。牛乳や豆乳をいれてカフェラテとして飲んでもおいしいですよ」とのこと。 これはもう挽きたてをいただくしかないですね。ラテ好きの人は、ぜひミルク仕立てで楽しんでみてはいかが?

材料について

Photo by akiharahetta

それでは試飲を……といきたいところですが、その前に「エスプレッソブレンド」のコーヒー豆について、もう少しくわしくご説明します。 生豆の原産地はペルーで、南米産特有の甘い果実のような風味とナッツ感が特徴の素晴らしいコーヒー豆です。ダークローストなので色は黒に近くかなり濃いめ。 また、フェアトレード認証原材料100%で、これは生産者から公正な取引を行ったコーヒー豆であることの証。生産者の支援につながる運動でもあるそうですよ。これまた素晴らしい!

量やコスパについて

Photo by akiharahetta

ひと袋の内容量は907gで、価格は1,598円(税込)です。スターバックス本家のオリジナルコーヒー豆に比べ、半値以下に価格が抑えられていて、かなりお買い得感があります。 ちなみにスタバのエスプレッソブレンドは100gで500円ほど。これを知るとつくづくコストコってすごいと思いませんか?スタバ好きな人はもちろん、そうでない人にとっても見逃せない情報ですよね。

気になる味は?飲んでみたところ……

Photo by akiharahetta

ではでは、お待ちかねの試飲タイムといきましょう!まずはコーヒーにとって重要な香りなのですが、これはもう申し分なし。 パッケージを開けたら、だれでもすぐに「ほかとは違う!」とわかるほどの芳醇な焙煎の香りです。あまりにおいしそうなので、豆のままかじって味見してみました。 もちろんかなり苦いですが、それはしっかりと深煎り(ダークロースト)されているから。

Photo by akiharahetta

アドバイス通り、挽きたてを淹れていただきます。濃いめで苦味や酸味のほかに少し甘さも感じるしっかりしたコーヒーです。 あれ、この味知ってる……。そう!まさにスターバックスのコーヒーの味です。味のバランスが取れていて、満足感のあるスタバのコーヒーです。 黙って食後に出したところ、主人から「ウマい!」を連発されました。いつもの豆とはひと味もふた味も違ったようです。

Photo by akiharahetta

画像では、直火式のエスプレッソメーカーを使用していますが、ハンドドリップでもおいしく淹れられます。手軽にガブガブ飲みたい派の人には、ドリップがおすすめです。 寝ぼけた頭をシャキっと目覚めさせてくれる、鮮やかな味わいで朝食にもぴったりですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS