5. 鶏肉を冷蔵庫で冷やす

Photo by sakura4

30分経ったら鶏肉を鍋から取り出し、アルミホイルをはずして冷蔵庫で1時間以上冷やします。

6. 食べやすい大きさに切る

Photo by sakura4

しっかり冷えたら食べやすい大きさに切り、黒こしょうをふってできあがり♪

Photo by sakura4

お好みでレモンを絞ってお召し上がりください。

上手に作るコツ・ポイント

・砂糖は塩よりも味が入りにくいので、鶏肉には必ず砂糖からすり込みましょう。この塩と砂糖は、味をつける役割だけでなく、しっとり仕上げる保水効果もあるんです。 ・ラップを2重にすることで、しっかりと成形することができます。 ・鶏肉を加熱して火を止めたあと、余熱で鶏肉に火を通すので、フタは開けないでくださいね。余熱でじっくり加熱するのも鶏ハムをやわらかく仕上げるコツですよ。 ・鶏むね肉は皮つきでも皮なしでも、どちらでもOKです。お好みで使い分けてくださいね。

味付けいろいろ♪ 鶏ハムのアレンジレシピ5選

1. 塩ダレ鶏ハム

最初にご紹介するアレンジレシピは、塩やレモン汁で下味をつけた塩ダレ風味の鶏ハムです。レモンの酸味と塩気で、鶏むね肉の旨味が引き立ちます。下味をつけたらレンジでチンするだけなので、冷蔵庫で鶏むね肉をみつけたらぜひ作ってみてください。きっとやみつきになりますよ♪

2. 味噌マヨ鶏ハム

味噌マヨを鶏むね肉にもみ込んだら、あとはレンジでチンするだけの味噌マヨ鶏ハム。味噌マヨを使うことにより、パサパサになりがちな鶏むね肉がしっとりやわらかに仕上がるんです。しかも冷凍保存してもおいしさとやわらかさはキープ!これぞ味噌マヨパワーですね。作り置きにもおすすめです。

3. 鶏ハムの里芋ピューレ添え

こちらは、プレーンの鶏ハムに、里芋を潰してピューレ状にした特製ソースを添えたひと品です。淡泊な鶏むね肉と、ねっとりとした里芋ピューレの相性はバツグン!手間をかけた分、おいしさも格別です。休日にのんびり作りたいメニューですね。

編集部のおすすめ