時短&節約に。業務スーパーマニアが常備している冷凍ストック

コストパフォーマンスが魅力の「業務スーパー」。テレビや雑誌で話題になっていますよね。なかでも下ごしらえのいらない調理済みの冷凍食品は、とても人気です。でも冷凍食品って当たり外れがありますよね。そこで今回は、マニアがリピ買いしている冷凍ストックを4つご紹介します。

2019年9月17日 更新

リピ買いしている冷凍おかず

Photo by kanipangram

普通のスーパーでは売っていない商品がならぶ「業務スーパー」。時短に便利で、コストパフォーマンスが良い冷凍食品がたくさん売っています。でも冷凍食品は当たり外れがあって、「実際の味はどうなんだろう?」と気になりますよね。 そこで今回は、業務スーパーに通いつめる筆者が常備している、冷凍ストックを4つセレクトしました! 普段の食事からお弁当おかずにまで使える、おすすめの冷凍食品をご紹介します♪

1. ジューシーな「和風 鶏もも唐揚」

Photo by kanipangram

「和風 鶏もも唐揚」398円(税抜)
業務スーパーの冷凍唐揚は何種類もありますが、筆者が毎回購入しているのが、こちらの「和風鶏もも唐揚」。内容量は500gと、1kgサイズが多い冷凍唐揚のなかでは、使い切りやすいタイプです。 調理方法は、揚げ調理・電子レンジ・オーブントースターの3種類。揚げ調理済みなので、生焼けを心配せずに調理できるところがいいですね。

Photo by kanipangram

袋から出してみると、ゴロッとした大きさのものから平べったい形のものまで、バラバラの大きさの唐揚が、だいたい15個~18個ほど入っています。 商品によって個数にばらつきがありますが、ひとつあたり約25円くらいといったところでしょうか。ほかの冷凍食品の唐揚と比べるとコストパフォーマンスはまあまあですが、それでもお安いですよね。

パサパサ感なしの冷凍唐揚

Photo by kanipangram

おすすめはサクッと仕上がる揚げ調理! 170℃の油で、凍ったまま揚げること4分。香ばしい唐揚のにおいが部屋中に漂います。外はサクッと、中は鶏もも肉のジューシーなやわらかさと、醤油の旨みがきいています。 味としてはお弁当屋さんのからあげという感じ。本格的な唐揚を食べたい方には物足りないと思いますが、定番の醤油味は食べごたえがあって、お弁当のおかずや、夕飯のメインとしては十分使えると思います。 レンチン調理だとやや衣がもったりとする印象ですが、味はそこまで変わりませんでした。朝の忙しいときにも、ササッとつくれて便利ですよ。

2. 手作り風「えび焼売」

Photo by kanipangram

「えび焼売」318円(税抜)
ごろっとした大きめの焼売が入った「えび焼売」。パッケージには「当社独自の味付けをしたジューシーな焼売です」と書いてあって期待ができます……! 内容量は400gと、冷凍庫に入れても幅をとらないサイズ感です。調理方法は蒸し調理かレンジの2種類。

Photo by kanipangram

ひと袋にだいたい15~16個ほど入っています。ひとつあたり約20円ちょっとと、冷凍のえび焼売のなかではコストパフォーマンが優秀な商品! えびが小さめでちょっと残念ですが、焼売のひとつひとつはゴロッとして大きめで、ご飯のメインやお弁当のすきまおかずとしても活躍します。

蒸し器でやわらか&ジューシーな仕上がりに

Photo by kanipangram

蒸し器に凍ったままのえび焼売を入れて10分。皮や中のお肉もやわらかな仕上がりになりました。豚肉をベースに、魚肉と野菜の旨みが口に広がります。中のお肉は粗挽き食感で、まるで手作りのえび焼売を食べているようでした。 レンジ調理だと3個あたり約2分ででき上がるので、時短おかずとしても便利です。レンチンだと皮やお肉がちょっと縮こまった感じになりますが、醤油をちょっとたらしてお弁当に入れておくと、お昼においしく食べられますよ。

3. お酒がすすむ「鶏皮ぎょうざ」

Photo by kanipangram

「鶏皮ぎょうざ」498円(税抜)
鶏の皮でぎょうざの餡を包んだ「鶏皮ぎょうざ」。業務スーパーの冷凍ぎょうざもいろいろありますが、その中でも変わり種のいっぴんです。内容量は500gで、調理方法は揚げ調理のみ。

Photo by kanipangram

ひと袋にだいたい16個~18個ほど入っています。ひとつあたり約30円ちょっとと、こちらも高コスパです。普段の食事ではあまり馴染みのないおかずですが、実際はどんな味がするのでしょうか?
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS