タピオカの次は韓国マカロン?学芸大学「YOLO TOKYO」に甘党集合!

カラフルでボリューム満点の韓国マカロン専門店が日本に続々と上陸しています。今回は、6月1日にオープンした学芸大学「YOLO TOKYO(ヨロトーキョー)」をご紹介!ころんと大きなマカロンはインスタ映え間違いなし。韓国マカロンの魅力と人気の秘密に迫ります♪

2019年7月17日 更新

学芸大学に「YOLO TOKYO Cafe&Desserts」がオープン!

6月1日(土)にオープンした「YOLO TOKYO Cafe&Desserts (ヨロトーキョー カフェ アンド デザート)」。

学芸大学駅から徒歩5分、水色のマカロンがのったピンクの看板が目印です。小さなテイクアウト専門店で店員さんは1人。店内もピンクを基調としたキュートな雰囲気で統一されています。

こちらのお店ですが、韓国で流行している「トゥカロン」というマカロンを扱っていて、女子のあいだで大人気の商品になっているんだとか。

大ブームの「トゥンカロン」って?

実は韓国ではここ数年マカロンが大ブーム。ソウル市内では多くのマカロン専門店が続々とオープンし、若い女性や観光客の人気スポットとなっています。

韓国マカロンの特徴は何と言ってもそのボリューム!一般的なフランスの元祖マカロンと比べて、かなりサイズが大きく分厚いんです。

そのコロンとしたヴィジュアルから、通称 “トゥンカロン” (韓国語で “太ったマカロン” を意味する略語)と呼ばれているんだそう。

ビッグオレオ

YOLO TOKYO の人気メニュー「ビッグオレオ」は、丸ごと1枚のオレオとあふれんばかりにサンドされたクリームが食べごたえ抜群!

その大きさにどこからかじるべきか迷ってしまいそうですね。
さすが韓国グルメ、写真映えも文句なし。

ピンクを基調とした店内とも相性抜群で、誰でも簡単にフォトジェニックな写真が撮影できそうですね!そのかわいさに、眺めているだけでも幸せな気分になれます。
これからの時期にぴったりなスイカのマカロンは手土産やおもてなしにもおすすめです♪

テイクアウト用のボックスももちろんピンク。女子会に持参すれば、その場が盛り上がること間違いありません。

ドリンクメニューもおすすめ!

トマトバジルエイド

「YOLO TOKYO」ではマカロンと楽しめるドリンクも販売しています。

ベーシックなカフェメニューに加え、注目したいのは季節毎にメニューが変わるエイドやラテ。気温の高い日にさっぱり飲める「トマトバジルエイド」は、トマトのほどよい甘みとバジルの風味が絶妙な味わいです。

このほか、夏の定番フルーツであるマンゴーを使った「マンゴーエイド&ラテ」もおすすめですよ♪

手土産や自分へのご褒美に♪

女子心をくすぐるフォトジェニックなYOLO TOKYOの韓国マカロン。生フルーツやクリームたっぷりで食べごたえも抜群なので、自宅用はもちろん手土産にしてもきっと喜ばれますよ。

次の休日は、学芸大学をお散歩がてら韓国マカロンを楽しんでみてはいかがでしょうか。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

omio96

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう