学芸大学「メゾン ロミ・ユニ」はまるでパリのようなジャムと焼菓子のお店

学芸大学の「メゾン ロミ・ユニ」は、お菓子研究家いがらしろみさんのジャムと焼き菓子のお店。毎日食べたくなるような、素朴な焼き菓子と鎌倉の店舗から届くの宝石のような手作りジャムが並ぶ、パリの街角にあるような素敵なお店です。

お菓子研究家のいがらしろみさんのジャムと焼き菓子のお店

小さなころからお菓子が大好きだったといういがらしろみさん。
パリのル・コルドン・ブルーで本格的にフランス菓子を学び。
帰国後、菓子研究家romi-unieとしての活動をスタート。
2004年、鎌倉にジャムの専門店を、2008年、学芸大学に焼き菓子とジャムのお店「メゾン・ロミ・ユニ」をオープン!
教室の講師や、カフェのメニュー開発、企業の商品開発などでもご活躍で、著書も多数。

こだわりの焼き菓子たち

お茶の時間を楽しむことをコンセプトとしているこちらのお店の焼き菓子は、素材の風味を生かした、シンプルで食べ飽きないものばかり♪
定番のものと季節のフレーバーを常時3種類づつそろえているというパウンドケーキは、ろみさんのこだわりで、量り売りになっています。
その時、食べたいケーキを食べたい分だけ買えるなんてうれしいですね!
素朴で可愛らしいサブレやガレットも、1枚から購入可能なものも♪
思わず全部試したくなってしまいますね!

壁一面に並ぶ美しいジャムも見逃せない!

焼き菓子とともに見逃せないのが、壁一面にずらりと並ぶ宝石のようなジャムの数々!
鎌倉のRomi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール)から運ばれてくる手作りのジャムたちはフレーバーも豊富で試してみたいものばかり!
たくさんあって迷っていしまいそうですが、それぞれのジャムに素材の説明と「甘さ」「酸味」「香り」のレベル、おすすめの食べかたなどが書いてあるのでじっくり見ながら選ぶのも楽しい!
ジャムは季節で変わっていきますので、行くたびに新しいジャムに出会えるのも楽しみですね!

可愛らしいパッケージは贈り物にも

おうちの形のボックス、シンプルな赤い紐がきいてますね。
サブレ1枚でも写真のようなかわいい袋にいれてくれるんです!
こんな素敵なパッケージにはいったジャムや焼き菓子を贈り物にしたら、喜ばれること間違いなし!!
1階はお店兼アトリエとなっていて、2階はお菓子教室「Unie-Labo」があります。
いがらしろみさんの“無理のないかたちで手づくりのお菓子を普段の生活に取り込む提案をしていきたい。”という思いから、気軽に参加できる単発クラスのお教室を開催しています。

特集

SPECIAL CONTENTS