簡単ひと手間でごちそうに!? 「またそうめん?」と言わせないメニュー

梅雨が終わると暑い夏がやって来る…。食欲が落ちるだけではなく、灼熱の中で調理をするだけでゾッとします。そんな時、手軽に作れるそうめんは重宝しますが、どうしても登場回数が多くなりがち。味付けや盛り付けを少し変えるだけで、いつもと雰囲気が変わって楽しく&美味しく食べられますよ♪

2019年6月26日 更新

そうめんを晩ごはんのメインにしたい!

私が子どもの頃、土曜日のお昼は決まってそうめんでした。我が家では、シンプルに青ネギとおろし生姜のみ。

ただ、母がいりこと椎茸を使って作ってくれるめんつゆは絶品で、具なんてなくてもそれはそれは、美味しかったのを覚えています。

母に似ずグータラな私は、隙あらばそうめんを晩ごはんにしてやろう!とたくらんでいます。私なりにアレンジしたそうめんをご覧あれ!
ガラスの器に盛ったそうめん

Photo by bluesheepmico

ボウル盛りをやめて一人分ずつ盛り付けて

どうしても食卓の真ん中にそうめんのボウルドーン!と置きがちですが、一人一人に盛り付けをしてみましょう。それだけで、少し特別感が出ます。

器も涼しげな物を選び、具材もいつもと少し変えてみましょう。

あっさりだけどスタミナ満点!アボカドと納豆のおろしそうめん。

アボカドと納豆のおろしそうめん

Photo by bluesheepmico

そうめんだけではどうしても栄養不足になりがち。卵、アボカド、納豆を入れたらスタミナ満点な上、大根おろしでさっぱりしてどんどん食べられちゃいます。

アボカドとそうめんつゆの相性もバッチリ。

お肉の力を借りて満足度アップ!豚しゃぶとツナ、トマトのそうめん。

豚しゃぶとツナ、トマトのそうめん

Photo by bluesheepmico

そうめんはお昼ごはんのイメージですが、お肉を使うと一気に華やか。満足度もアップします。豚肉とトマトの相性もグッド。夏らしさも出ますね。

これなら夕食でも…許されるはず?少し頑張って、簡単なおかずを作りましょうかね……。

写真映え間違えなし!グラスそうめん

グラスに入れたそうめん

Photo by bluesheepmico

盛り付けるのもお皿やボウルだけではなく、少し目先を変えてみます。

保存容器や、グラスを上手く利用すると見た目もおしゃれに。100円ショップには使えそうな物がいっぱいです。

透明なお箸でさらに涼しげ。インスタ映えする盛り付けです。

パーティーにも出したい!氷盛りそうめん

氷盛りそうめん

Photo by bluesheepmico

普段は無理でも、ちょっとしたパーティーやお客様がいらした時、氷に盛り付けてお出しすると歓声が上がるのではないでしょうか?

巻き簾やあしらいを上手く使い、トッピングも少し贅沢に鰻を乗せて。そうめんは最後まで冷たいまま。

氷は氷屋さんで300円くらいで買えます。好みの大きさにカットしてもらえますよ。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

bluesheepmico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう