連載

【365日のパンとスープ】さっぱり冷たいツナワンタンスープ

家事に仕事にと忙しい毎日。時にはパンとスープだけの日があってもいいのでは?そんなレスキューごはんを広めるべく「365日のパンとスープ」の企画が生まれました!今回は、@yokkohiyokkoさん考案の「さっぱり冷たいツナワンタンスープ」を紹介します。

20 分 冷蔵庫で冷やす時間は含みません。

365日のパンとスープ

家事に仕事に育児にと、わたしたちの暮らしは毎日が忙しく、お料理することが負担やプレッシャーに感じられる方も多いのでは。いろいろなおかずに彩られた食卓はもちろん魅力的ですが、時にはシンプルにパンとスープだけの日があってもいいんじゃない?

現代版の一汁一菜が忙しいわたしたちのレスキューごはんになったらいい、そんな想いで「365日のパンとスープ」は生まれました。

企画に共感した365名の人気インスタグラマーさんたちが、季節にマッチしたスープのレシピを考案してくれました。

スープと合わせているのは、冷凍パンのPan&(パンド)。軽くリベイクすればいつでも焼きたてのパンをお召し上がりいただけます。

洗い物も最小限で、冷蔵庫の食材整理に最適。栄養もとれ、腹持ちも良い。いいことだらけの「パンとスープ」をぜひお試しくださいね。

さっぱり冷たいツナワンタンスープ by @yokkohiyokko

材料

(2人分)
  • ツナ缶1/2缶(30g)
  • ワンタンの皮6枚
  • 玉ねぎ1/2個
  • トマト1個
  • しめじ20g
  • オクラ2本
  • レモン1/2個
  • 300cc
  • 鶏ガラスープの素小さじ1と1/2杯
  • 少々
  • ごま油大さじ1杯
  • トッピング
    • 大葉2枚
    • みょうが1/2個
使用したお鍋:ル・クルーゼ ココット・ロンド 20cm (マットホーロー)

下ごしらえ

・玉ねぎは1/4程度を細かいみじん切りにして、水にさらして絞ります。残りは繊維に沿って3mmの薄切りにします。
・トマトは皮ごと1cmの角切りにします。
・しめじは石づきを落としてほぐします。
・オクラは3mmの輪切りにします。
・みょうがと大葉は千切りにします。
・レモンはトッピング用に3mmの輪切りを1枚切り、さらに半分に切って2切れ取っておきます。残りから果汁を絞ります。

作り方

1

みじん切りにした玉ねぎとツナ(オイルごと)を合わせて、ワンタンの皮に包みます。

2

鍋に水を入れて沸かし、沸騰したらワンタンを1つずつ入れて30秒ほど茹でて冷水にとって、さっと冷やします。
※ゆで汁はスープに使うので捨てずにとっておきます。

3

鍋にごま油を引いて熱し、玉ねぎを入れて透き通るまで炒めます。トマトとしめじを加えて全体にさっと油を回したら、取っておいたワンタンのゆで汁を全て加えて煮立たせます。

4

トマトのアクを除いたら鶏ガラスープの素 、塩を加えて味を調節します。

5

オクラを加えてひと煮立ちしたらすぐに火を止めます。

6

粗熱が取れたら茹でておいたワンタンを入れます。

7

スープが冷えたらレモン汁を加えて全体を混ぜ、器に盛りつけます。みょうが、大葉、レモンをトッピングしたら完成です。

コツ・ポイント

・茹でたワンタンはくっつきやすいので、水で粗熱が取れたら油を塗ったお皿や、ラップの上に1つずつ離しておきます。
・スープをしっかり冷やしてから食べるのがおすすめです。器をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくとさらに良いですよ。
・お好みでラー油をかけて食べてもおいしいです♪

スープに合わせたのはPan&の冷凍パン

Pan&のパン

Photo by Pan&(パンド)/STYLE BREAD

パンとスープのみのシンプルな献立だから、パンにはこだわりたい。そこでmacaroniが注目したのが、Instagramでもジワジワと人気の冷凍パン「Pan&(パンド)」。

「Pan&(パンド)」はトースターでリベイクして仕上げるため、おうちで焼きたてのパンが楽しめます。

お気に入りのベーカリーに買いに行く時間が無くても、「Pan&(パンド)」を冷凍庫に常備しておけば大丈夫。疲れて買い物に行く気力がない日だって、冷凍庫の「Pan&(パンド)」と冷蔵庫の残り野菜で食事の支度はOK。

ぜひ「Pan&(パンド)」のある暮らし、体験してみてください!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_channel

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう