ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

「カルディの素」が便利!工夫いらずで本場の味わい

Photo by akiyon

「おうちで気軽に台湾グルメを体験したい!」そんなときにおすすめなのがカルディから発売されている調味料シリーズ。温めたり混ぜたりするだけの少ないステップで、本場の味わいを堪能できますよ。 今回は実際に食べたものから厳選して4種類ご紹介します。自分でそろえるのがむずかしいスパイス類をふんだんに使った本格風味が魅力のものばかり。 “すぐ食べられる台湾グルメ” をお試しあれ♪

1. もみ込むだけで屋台の味!「 台湾フライドチキンの素」

Photo by akiyon

194円(税込)
「台湾フライドチキンの素」は、台湾の国民的グルメ「チーパイ(雞排)」を簡単に再現できるアイテム。シナモン、グローブ、花しょう、スターアニスなど8種類のスパイスをブレンドした、甘辛い味つけの調味料です。 作り方は簡単!ペースト状の調味料を鶏肉にもみ込んで揚げるだけ。鶏肉を叩いて薄く伸ばせば、台湾の屋台で見かける大きなチーパイも作れるんですよ。
揚げたてのカリッとした衣を頬張ると、中はとてもやわらかくてジューシー。そして独特なアジアンな香りとともに、悶絶ものの辛さが襲ってきます。思わず、ヒリヒリする舌にキンキンに冷えたビールを流し込みたい衝動にかられますよ♪ 甘辛い味つけとガーリックの風味はご飯にもよく合うので、夕食のメインのおかずにもぴったりです。そのほかお弁当やお酒のおつまみなど、いろいろなシーンで本場の味わいを体験してみてくださいね。

2. 混ぜて作る台湾ごはん「ルーローファンの素」

Photo by muccinpurin

298円(税込)
「ルーローファンの素」は、台湾の定番ごはんルーローファンを、ご飯に混ぜるだけで作れる便利アイテム。ご飯に角煮をのせる一般的なスタイルとは違い、混ぜご飯のようにしていただきます。 アルミのパッケージに入っている「素」は、ご飯2合分。八角などの独特な香りが際立つ甘辛い味つけで、豚バラ肉やたけのこ、しいたけなどの具材がたっぷり入っていますよ。

Photo by muccinpurin

ご飯が炊きあがったらルーローファンの素を入れてよく混ぜ、少し蒸らすだけでで仕上がります。ひと口目からその本場の味わいに納得!完成度の高さに驚きますよ。 アルミパックを温めることなく、すぐに混ぜ込むことができるのはとても便利!このまま茶わんに大盛りにしてかき込むのもよし、おにぎりにするのもよしと、アレンジも楽しめます。ご飯はかために炊くと、よりおいしくいただけますよ♪

3. しびれる辛さのシンプルめし「麻辣メシのたれ」

Photo by muccinpurin

しびれるような辛さがお好きな方におすすめ!「麻辣メシのたれ」は、簡単に花椒や唐辛子の刺激的な辛さを堪能できるアイテムです。ご飯が赤く染まった、逃げ場のない辛さが魅力ですよ♪ 熱々ご飯にタレを混ぜ込むだけのシンプル調理。あっという間に麻辣ファンも納得の本格「麻辣メシ」ができあがるんです。

Photo by muccinpurin

タレは花椒の香りが際立つスパイスの集合体。ひと口食べると、次の瞬間にはジリジリとしびれる辛味が舌を襲ってきますよ。ただただ辛いだけではなく、フライドガーリックの香ばしさや豚骨やチキンエキスの旨みが食欲をそそります。 具らしい具は入っていないので、刻んだ青ねぎやフライドガーリックなどを添えるのもおすすめ。辛味をマイルドにしたい場合は、半熟卵をくずしながら食べてみてくださいね♪

4. 極上スープ入りレトルトパウチ「麺にかけるだけスープ」

Photo by akiyon

こちらは本場台湾の麺料理を体験できるアイテム、「麺にかけるだけスープ」シリーズの「牛肉麺(ニューローメン)」と「メンセン(麺線)」。レトルトパウチ入りで、温めでゆでた麺にかけるだけですぐに食べられる手軽さが魅力です。 合わせて買いたいのが、カルディオリジナル「アジア麺」。どちらも長く保存できるので、買い置きにもおすすめの商品ですよ。

Photo by akiyon

牛肉麺(ニューローメン)は、台湾で数多くのお店や屋台で人気を競い合うほどの国民食です。「麺にかけるだけスープ牛肉麺」は、そんな人気グルメを再現。牛骨スープをベースに、にんにく、豆板醤などが複雑に絡み合った味わいの極上スープなんですよ。 八角の香りが際立ち、ひと口すすれば一気に台湾の屋台まで飛んで行った気分を味わえます。煮込んだ牛肉も入っていて旨味たっぷり!お好みで味玉やチンゲン菜をトッピングして召し上がれ♪

Photo by akiyon

メンセン(麺線)も台湾を代表する国民食のひとつで、B級グルメとして親しまれています。「麺にかけるだけスープ麺線」は、やさしい味のかつおだしにとろみをつけ、花椒(ホアジャオ)でアクセントをつけて仕上げた本格派。本場さながらの風味を簡単に味わえます。 少し甘味のあるだしの味わいはとても食べやすく感じますが、花椒の辛味がすぐに舌を刺激。ヒリヒリと麻痺するような感覚にハマる人続出です!とてもスパイシーで異国情緒たっぷりの味わいを、ぜひお試しあれ♪

台湾グルメが身近になる

Photo by muccinpurin

今回ご紹介した「カルディの素」は、台湾グルメを身近にする便利なアイテムばかり。カルディには、このほかにも台湾関連商品のラインアップが充実していますよ。 封を開けたとたんに台湾の風を感じるような、風味を大切にしたものばかり。まだ体験したことがなくても、食べるほどにその味わいのとりこになること間違いなしです♪ ぜひお気に入りの台湾グルメを発見してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので予めご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS