ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

台湾の屋台名物「チーパイ」

Photo by akiyon

台湾の夜市や屋台では、顔よりも大きいフライドチキンにかぶりつく人をたくさん見かけます。「カリっとしておいしそう……!」と、どこで買えるのか探してしまうほど魅力的な物体の正体は、「チーパイ(雞排)」。地元の人が愛してやまない国民的グルメです。 その「チーパイ」を再現できるアイテムが、カルディで販売中!「台湾フライドチキンの素」は、鶏肉に揉みこんで揚げるだけで、簡単に本場の味わいを体験できるのだとか……。おうちにいながら台湾の屋台気分を味わってみたいと思います♪

8種類のスパイスでヒリヒリ甘辛い!

Photo by akiyon

194円(税込)
カルディオリジナル「台湾フライドチキンの素」は、鶏肉に揉みこんで使う「チーパイ(雞排)」の素。1回分ずつの小袋が2つ入って販売中です。 シナモン、グローブ、花しょう、スターアニスなどの8種類のスパイスをブレンド。独特なアジアンな香りがする、甘辛い味つけのペースト状の調味料ですよ。

Photo by akiyon

中のペーストは、とろりとした濃厚な調味料。開封したとたんに、花しょうやシナモンなどのアジアっぽい香りが際立ちます。少し舐めてみただけでヒリヒリと舌を刺激、あとから甘辛い味が追いかけてきますよ。 小袋1つに入っている調味料の量は69g。今回筆者が使用した約400gの鶏肉にしっかりと味つけするには、十分な量でした。

Photo by akiyon

おすすめの鶏肉の部位は「ムネ」。薄めにスライスし、叩いてさらに薄く伸ばして大きい「チーパイ」を目指します。バッドや保存袋で調味料を揉みこみ20~30分漬け込んだら、あとは片栗粉をまぶして揚げるだけ!大きいので、フライパンを使って多めの油で揚げてみました。 薄いので中まで火が通りやすいですが、なるべく “カリッカリ” にしたいので、最後は高温で仕上げます。さて、本場チーパイの味を再現できたでしょうか!?

本場さながらのスパイシーさ

Photo by akiyon

さあ、揚げたての「チーパイ」がこちら!カリッと香ばしそうな揚げ色のチーパイができあがりました。顔より大きいチーパイにするには、さらなる工夫が必要!それは次回またがんばることにします。 揚げているそばから香辛料の香りがキッチンを独占。すでに台湾の屋台前にいる気分です。現地で渡されるような紙袋に入れて、ガブリといただきます♪

Photo by akiyon

鶏肉をとことん叩いた効果か、カリっとした衣の中はとてもやわらかくてジューシー!唐辛子と花しょうが効いていて、ヒリヒリと悶絶ものの辛さが襲ってきます。 しかし甘辛い味つけとガーリックの風味が食欲をそそり、どんどん食べ続けてしまうんですよね。ご飯にはもちろん合いますが、食べたあとのヒリヒリする舌に、キンキンに冷えたビールを流しこむのもたまりません。

少しアレンジを加えて家庭の味に♪

Photo by akiyon

日本人も大好きな甘辛味ですが、「ちょっと辛すぎかな……?」と思う方のためのアレンジをご紹介しましょう。食べやすいマイルドな味わいにするために、鶏肉の間にスライスチーズを挟みこんで揚げてみてはいかがでしょうか? これがまた絶品!より濃厚な味わいになって、かつボリューミー。ぜひ揚げたて熱々を、ハフハフと食べてみてくださいね♪

Photo by akiyon

こちらは「チーパイ」1枚をどんとご飯の上にのせたチーパイ丼です。少しあっさりとした風味にするために、「ねぎとしょうがのポン酢和え」をのせました。 少しの酸味が加わることで、チーパイそのもののコク深い味わいをより感じられます。ご飯との相性もさらによくなりますよ。腹ペコさんにおすすめです♪

大きくカリカリに揚げるのがコツ

Photo by akiyon

「台湾フライドチキンの素」を使えば、工夫いらずで本場の味わいを体験できます。屋台風に近づけるには、鶏肉をできるだけ薄く大きく伸ばして、カリカリに揚げること。どれだけ大きくできるか楽しんで作ってみてくださいね♪ 1パッケージに2回分入っているので、夕食にお弁当にと大活躍すること間違いなし!カルディに行ったらチェックしてみてくださいね。

商品情報

■商品名:台湾フライドチキンの素 ■価格:94円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:138g(69g×2袋) ■カロリー:141kcal(1袋69g当たり)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS