人気すぎて品薄!カルディの「コーヒーゼリー」が神々しい香り

カルディといえば、レジ前で販売されているコーヒーもファンが多いアイテムのひとつ。そんなコーヒーにはこだわりがあるカルディから、本気で作ったコーヒーゼリーが販売されました。数量限定で、売り切れ続出の本品。やっと手に入れたひとつで味わいをリポートします。

2019年4月30日 更新

ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディのこだわりコーヒーゼリーが登場!

Photo by muccinpurin

カルディのこだわりコーヒーを使用したコーヒーゼリーが話題になっていると聞きつけ、さっそく店舗に探しに出かけました。 数量限定で発売され、もともと人気があった「カフェカルディ マサマキリマンジャロコーヒーゼリー」ですが、テレビで紹介されて以来人気に拍車がかかり、どこの店舗もすでに品薄状態とのこと。 コーヒーに力を入れるカルディが作るコーヒーゼリーの味、気になりますよね……。

アフリカ最高峰・キリマンジャロ豆を使用

Photo by muccinpurin

297円(税込)
標高の高いキリマンジャロ・マサマ地区で栽培された豆は、寒暖差が大きいことから実が締まり、水分が多く上質な豆とされています。 もちろん、飲用のコーヒーとしても人気が高い銘柄を、贅沢に使用したコーヒーゼリーが目の前に……! 実はこちら、大き目のコーヒーゼリーが1個で税込297円と、ゼリーにしては強気な値段。だからこそ、その味が気になるというもの。

Photo by muccinpurin

パッケージを開けてみると、カップに入ったコーヒーゼリーと、ブラウンシュガー、コーヒーフレッシュが入っています。 コクのあるブラウンシュガーは、コーヒーの味わいを引き立てるのにぴったりですから「さすがはコーヒーファームを名乗るカルディ……」と思わず感心してしまいます。でも、ゼリーにお砂糖をかけて食べるってとても新鮮です!

ぷるんと食感と香り高いフレーバー

Photo by muccinpurin

パッケージから出したゼリーは、やはり大きめでプルンプルン! これまで筆者が食べたどのコーヒーゼリーよりも、色が濃く香りも深い気がします。例えるならば、まさに漆黒。

Photo by muccinpurin

よく冷やしたコーヒーゼリーに、ブラウンシュガーとコーヒーフレッシュをかけて、さっそくいただきます♪ まずはシンプルに、コーヒーゼリーを口に入れると、フワッと広がる上質なコーヒーの香り。ゼリー自体にも少しの砂糖が入っているようで、ホッと心地よいほろ苦さを感じますが、濃い目に入れたコーヒーの主張もしっかり感じる大人の味です。

Photo by muccinpurin

続いて、気になるブラウンシュガーの部分をすくって口に運ぶと、しゃりしゃりとしたゼリーを食べているのを忘れてしまいそうな新鮮な食感! まろやかな甘さのブラウンシュガーが口いっぱいに広がり、コーヒーゼリーのほろ苦さを包み込んでくれます。 ガムシロップではなく、あえて後付けでブラウンシュガーを付けた意図がわかる気がします。しゃりしゃりした砂糖の食感とほどよい甘さ、プルンとしたゼリーの食感が、口のなかで溶けあって流れる至福の時間……。

Photo by muccinpurin

最後にコーヒーフレッシュをかけて、ブラウンシュガーとゼリーをひと口。コーヒーや紅茶は、ミルクを入れることで香りが引き立つんですよね。だから、コーヒーフレッシュをかけて食べると、コーヒーの輪郭がより強くなってよりおいしさを感じます。 クリーミーさが加わって味わい自体は丸くなりますが、コーヒーの酸味とほろ苦さは健在。とことん濃い味のコーヒーゼリーに大満足でした。

カルディの本気が見えた濃い味に感激!

Photo by muccinpurin

コーヒーゼリーと聞くと、スイーツのイメージですが「マサマ キリマンジャロ コーヒーゼリー」は普通のコーヒーゼリーとは一線を画す、コーヒーの神髄が見える大人味でした。 これなら、コーヒーを愛する方でも満足できる、カルディの本気が見えるコーヒーゼリー。これからの暑い季節にぴったりなスイーツでした♪

商品情報

■商品名:マサマ キリマンジャロ コーヒーゼリー ■内容量:210g ■価格:297円(税込) ■カロリー:(コーヒーフレッシュ、砂糖を含むコーヒーゼリー210gあたり)188 kcal
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS