ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

焼きたてのあの味をおうちで♪

Photo by muccinpurin

香ばしく焼けた皮をかじると、なかからじゅんわりとあふれ出るシロップ。韓国屋台で食べるアツアツのホットックって、本当においしいですよね。 アツアツのシロップでやけどしそうになるのもまた、ホットックの醍醐味。あの焼きたての味がカルディの「ホットックミックス」を使えばおうちで味わえちゃうんです♪ 用意するのはぬるま湯だけ。さっそくホットックを作ってみましょう!

用意するのはぬるま湯だけ!

Photo by muccinpurin

「ホットックミックス」360円(税込)
ホットックミックスには生地になるミックス粉とイースト、なかのシロップ用のホットックシュガーがセットになっています。 ミックスに配合されているもち米が、ホットック独特の食感を生み出すんですね♪

Photo by muccinpurin

用意するのは120mlのぬるま湯だけ。今回はトッピングとしてくるみをプラスしました。

Photo by muccinpurin

付属のイーストをぬるま湯に溶かします。 お湯の温度が熱すぎるとイーストの働きが悪くなるので、ぬるま湯はお風呂と同じくらいの温度のものを使ってくださいね。

Photo by muccinpurin

イーストを溶かしたぬるま湯にミックス粉をいれてへらで混ぜます。 混ぜるうちにまとまってくるので、そのまま5分~10分捏ね続けます。ここがちょっと力仕事ですが、おいしいホットックのためにがんばりましょう♪

Photo by muccinpurin

手に油(分量外)を塗り、生地を5等分します。 ホットックシュガーの1/5をのせ、生地をたぐり寄せてこぼさないように包みます。手に塗る油は、ちょっと多めかな……くらいがベストです。

Photo by muccinpurin

生地の表面にくるみをのせ、閉じ口を下にして油を敷いたフライパンで焼きます。 弱火できつね色になるまで焼いたら裏返し、フライ返しで押しながら1~2分焼きます。最後に再度裏返し、1~2分焼いて完成です。

焼きたてのアツアツをいただきます!

Photo by muccinpurin

これこれ、この色です!濃い目のきつね色に焼き上がったホットックは、まさに韓国の屋台で買ったホットックそのもの。 屋台では紙に包まれていたものがお行儀よく皿にのっている以外は、韓国のホットックを完璧に再現できました!

Photo by muccinpurin

半分に割ってみると、なかからシロップがとろ~りと……。これをハフハフいいながら食べるのがおいしいんですよね♪ もち粉が入っているおかげで、外はカリッと香ばしくなかはもっちりとした食感です。焼きたてはイーストが香り、ちょっとパンっぽい雰囲気もあります。

Photo by muccinpurin

シロップからはほんのりシナモンが香り、刻んだピーナッツも入っているので、カリッといいアクセントに。 これは、まぎれもなく本場韓国屋台のあの味です!

焼きたてに勝る味わいはなし!

Photo by muccinpurin

カルディ「ホットックミックス」は、ぬるま湯だけで本場韓国のホットックが味わえる優れものでした。 なにより、アツアツのホットックから溢れるシロップのおいしさは、焼きたてならでは。これぞ手作りの醍醐味です。 焼きたてのホットックを片手に、韓国に思いを馳せてみてはいかがでしょう♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS