ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

前代未聞!トリュフ味のビスケット誕生

昭和レトロなパッケージと、シンプルで飽きのこない味がおやつとして親しまれているミレービスケット。最近ではカルディ限定でアイスになったりと、高知で生まれたミレービスケットは、いまや全国で愛されるお菓子になりました。 そんなミレービスケットに「トリュフ風味」が登場したと聞き、衝撃を受けつつもさっそく購入。なにが衝撃って、そのパッケージがすでにいつものミレービスケットの影もない、大人仕様だったからです。

見た目と香りのギャップがすごい

Photo by muccinpurin

トリュフ風味ミレービスケット 226円(税込)
ミレービスケットといえば、青と水色を基調とした、さわやかでレトロなパッケージが定番です。 ところがトリュフ風味のミレーは、大きめなトリュフのイメージ写真がのった黒いパッケージ。初めはカルディの店頭でもそれがミレービスケットだとは気づかなかったほどです。 いつものミレービスケットを見慣れているので、違和感ありありです。

Photo by muccinpurin

パッケージを開けると、ほんのりとトリュフの香りが。本物のトリュフほどしっかりとした香りこそありませんが、明らかにトリュフとわかる香りです。ますますミレー感が薄い……。 それでも見た目はいつものミレービスケットなのでちょっぴり混乱しますが、とにかくいい香りです♪

オトナのムードプンプンなトリュフ風味

Photo by muccinpurin

シンプルでほのかに甘いいつものミレービスケットに、少しの塩気が効いていて、おつまみ感覚でパリポリいけます。 トリュフオイルとトリュフ風味シーズニングで、トリュフ風味を表現しているようです。トリュフ味というより、香りがメインですね。 トリュフの香りが強すぎるとおやつやおつまみとしては食べにくくなりそうですが、これがまた強すぎずほんのりと香る程度。そのおかげで、ついつい手が止まらない、エンドレスループにハマってしまいますよ。

Photo by muccinpurin

さらに、トリュフの香り以外にもどこかでかいだことがある香りだと思っていたら、ガーリックパウダーを使っていました。なるほど、にんにくの香りがより食欲を刺激し、1枚また1枚と食べたくなるんですね! 甘さと塩気のバランスがいいのでおやつにもぴったりですし、これは子どもが寝静まったあとのオトナ時間に、ビールやワインと合わせてこっそり楽しみたいおつまみ感があります。

ちょっとしたごほうびに

Photo by muccinpurin

食べるまでは想像がつかなかった「トリュフ風味ミレービスケット」ですが、食べてみてその塩気と強すぎないさりげないトリュフの香りに、妙に納得してしまいました。 本物のトリュフはなかなか食べる機会がないですが、これなら頑張った一日のごほうびに思う存分トリュフ気分が味わえますよ。

商品情報

■商品名:トリュフ風味ミレービスケット ■価格:226円(税込) ■内容量:130g ■カロリー:100gあたり533kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS