3.5センチの幸せ。無印良品「厚切りフレンチトースト」は冷凍なのにふんわり食感

無印良品で話題沸騰のジャンル冷凍食品から、大人気の「厚切り食パンのフレンチトースト」のご紹介です。パンに卵液を染み込ませたりと、意外と時間と手間がかかるフレンチトーストが、温めるだけで楽しめる商品。いったいどんな味わいなのか、実食レポートします♪

2019年3月25日 更新

無印良品のフレンチトースト!?

「厚切り食パンのフレンチトースト」

Photo by akiyon

無印良品で、今とても注目されているジャンルの “冷凍食品” 。いくつかあるシリーズのなかから、“焼き立ての美味しさ” シリーズの「厚切り食パンのフレンチトースト」をご紹介します。

冷凍食品の人気ランキングでも、常に上位をキープ。温めるだけで焼き立てが味わえるとあって、「便利すぎる……!」と話題沸騰中です。その作り方や味わいは?筆者が実食レポートいたします♪

厚さ3.5センチのしっとりパン

お皿に出した「厚切り食パンのフレンチトースト」

Photo by akiyon

250円(税込)

「厚切り食パンのフレンチトースト」は、自家製パンと牛乳と卵でしっとりと焼き上げた冷凍パンです。ほぼ調理が済んだ状態で冷凍されているので、温めるだけで焼き立てのフレンチトーストを味わえます。

通常フレンチトーストを作るには、パンを卵液に漬けておく時間が必要。思いついたらすぐ食べられるものではないだけに、とても便利で助かりますよね♪
お皿の上の「厚切り食パンのフレンチトースト」

Photo by akiyon

その名のとおり、パンは厚切りです。約3.5cmの厚さでカットしてあって、とても食べ応えがありそう。重さも150gほどあり、持ってみるとずしりときますよ。

自分で作るときには、なかなかここまでの厚切りにはしません。これほどの厚さのパンに卵液を染み込ませるには、けっこう時間がかかりそうですよね。果たして中の方までおいしく仕上がっているのか、とても気になります。

しっとりふっくら、耳までおいしい♪

加熱した「厚切り食パンのフレンチトースト」

Photo by akiyon

まず電子レンジで温めてからオーブントースターで焼き目をつけて仕上げます。パッケージに書いてある手順を守って温めると、表面がサクッとしたフレンチトーストができあがりました。

卵のやさしい風味や甘い香りで期待もいっぱい!さっそくいただいてみます。
フレンチトーストの断面

Photo by akiyon

半分にカットして断面を見てみると、卵液の染みた部分と白いパン生地の部分の層に分かれていました。ひと口食べてみると、ほんのり甘くてしっとりやわらか。白いパン生地の方まで、味が染み込んでいますよ。

耳の部分は少し固そうに見えたのですが、そんなことはなく、ふんわり食感ですね。上品なやさしい味わいです。
はちみつと粉砂糖をかけたフレンチトースト

Photo by akiyon

ほのかな甘さなので、はちみつやメイプルシロップがよく合います。たらりとかけるとすぐにパンに染み込んで、さらにしっとりとした食感のフレンチトーストになりますよ。

また焼き立てにバターをのせると、リッチな味わいのフレンチトーストになるので、おすすめです♪

手軽におもてなしスイーツも作れる

トレイにフレンチトーストと生クリームなど。奥にコーヒー。

Photo by akiyon

温めるだけで作れるので、急な来客時にもさっとおもてなしスイーツを作ることができます。粉砂糖をふって、はちみつやメイプルシロップを添えれば、カフェのようなフレンチトーストのできあがり!

ジャムやフルーツ、生クリームなどがあれば、華やかになりますよ♪

朝食にも

お皿にフレンチトーストとソーセージ、チーズ。奥にサラダとコーヒー。

Photo by akiyon

甘すぎず卵の風味たっぷりの味わいは、朝食にもよく合います。厚切りなので半分ほどの量でも食べ応えは十分。ソーセージやサラダと合わせて食べて、パワーチャージしてくださいね♪

まさに焼き立てのおいしさ

皿にフレンチトースト。パッケージに入ったフレンチトースト。

Photo by akiyon

無印良品の冷凍商品「焼き立ての美味しさ」シリーズには、ほかにもキッシュやホットサンドなどの商品も。どれも温めるだけで簡単に食べられるものばかりです。

ただ残念ながら、冷凍食品を販売している店舗が少ないのが難点。そんな場合は通販サイトを利用してみてくださいね。

商品情報

■商品名:厚切り食パンのフレンチトースト
■価格:250円(税込)
■原産国:日本
■内容量:約150g
■カロリー:346kcal(1個平均150g当たり)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう