ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

2タイプから選べる!パナソニックのオーブンレンジ

※画像はイメージです

スチームオーブンレンジ「ビストロ」

「ビストロ」は、グリル・レンジ・スチーム・オーブン機能が搭載されたオーブンレンジです。あたためだけでなく「焼く・煮る・蒸す・揚げる」がこれ1台でできる、がコンセプトで、オーブンレンジに任せっきりでさまざまなお料理が作れると高く評価されています。

今までオーブンレンジだけではむずかしい、と思っていたお料理にも気軽に挑戦できるのが「ビストロ」の魅力です。

オーブンレンジ「エレック」

コンパクトで、「ビストロ」に比べるとシンプルな機能を搭載しているのが「エレック」です。スチーム機能はなく、レンジ・オーブン・グリル機能が搭載されています。お料理の温めのような基本の使い方はもちろん、簡単な煮物やパスタ料理なども自動メニューで選択できます。

比較的低価格で販売されているので、初めてオーブンレンジを買う方にもおすすめです。

オーブンレンジのメリットとデメリット

メリット

・多彩な機能で料理の幅が広がる
・スチーム機能でふっくら仕上がる
・時短調理ができる

商品によってオーブンレンジは焼く、揚げる、蒸す、煮るなどあらゆる調理に対応しているので、手間がかかる料理にチャレンジしやすいといったメリットがあります。

スチーム機能を使うと電子レンジやトースターとは違い、できたてのようなふっくらとした仕上がりも魅力。予熱なし・解凍なしでそのまま温められるオーブンレンジもあり、時短調理がかないます。

デメリット

・機能を使いこなせない
・価格が気になる

オーブンレンジは多彩な機能がメリットですが、便利な機能が多すぎるあまり使いこなせないというデメリットも。オーブンレンジの使い始めは、グリル機能やレンジ機能といったメインの使い方から慣れ、だんだんと使い道の幅を広げていきましょう。

スチームオーブンレンジの価格は、機能が充実しているモデルや最新モデルの場合、10万円前後することも。パナソニックにはお手頃価格の「エレック」があるので、お値段が気になる方はまずエレックをチェックしてみるといいかもしれません。

本格調理がお任せで作れる「ビストロ」

1. スマホ連携で毎日の献立が楽々「スチームオーブンレンジ ビストロ NE-CBS2700」

ITEM

スチームオーブンレンジ ビストロ NE-CBS2700

¥148,500〜

幅49.4×奥行43.5×高さ37.0cm

※2021年3月3日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
「NE-CBS270」は、スマホ連携で毎日の献立が楽々決められるモデル。ワンボウルでできる簡単メニューや時短調理がかなうメニューなど、オーブンレンジを活用した料理を提案してくれます。外出先で気になる料理が見つかれば、すぐにオーブンレンジに送信でき、帰宅後すぐ調理に取りかかれますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ