焼くより繊細!グリルの正しい使い方&オーブンとの違い

料理でよく使われるグリル。でも実はグリルの定義があいまい、ということはありませんか?グリル=焼くは間違いではありませんが、グリルは焼き方のひとつです。グリルとはどういう焼き方なのか、グリルを使う際のポイントやおすすめの料理をご紹介します。

グリルって焼くこと?

レシピにもよく登場する「グリルします」という言葉。オーブンにはオーブンモードとグリルモードがありますが、どう違うの?と思ったことはありませんか?

グリルとは、調理用の焼網や網焼き料理のことをさしています。肉や魚、野菜などを網に載せ、直火で焼く調理方法がグリルです。ガスコンロとセットになっている魚焼きグリルや、バーベキューに使われる器具もグリル。七輪もグリルになります。

オーブンとの違いやグリルを使ったおいしい調理方法のポイントなど、グリルについてご紹介します。

オーブンとの違いは何?グリルとは

グリルとオーブンの一番の違いは、焼き方にあります。

グリルの熱の伝わり方

グリルを使った際の熱の伝わり方は「放射」と「対流」になります。高温の直火で素材を焼き上げるため、表面がパリッと香ばしくなり、短時間で焼きあがります。焼き魚やピザなどの調理が適しています。

オーブンの熱の伝わり方

オーブンの熱の伝わり方は「対流」になります。空気やオーブン庫の壁面から発生する赤外線により加熱されるため、素材を包み込むように、じっくりと時間をかけて焼き上げられます。中までしっかり加熱したい料理、グラタンやケーキなどの調理に適しています。

グリルは片面?両面?

グリルには片面と両面があります。両面グリルは、直火と対流熱両方で焼き上げます。外側はパリパリ、中はしっとりという焼き上げたい場合におすすめです。

グリルの温度・オーブンの温度

グリルとオーブンの違いはいくつかありますが、加熱温度にも違いがあります。

グリルは調理器具の中で、最も高温になる器具といわれています。予熱時間も短めで、数分で高温になるのが特徴です。温度は300℃以上になります。

機種によって違いはありますが、オーブンの予熱にかかる時間は15分前後といわれています。300℃以上に温度設定できるオーブンもありますが、グラタンやフランスパンのレシピでもたいてい250℃前後で焼き上げます。

グリルより低めの温度で、じっくり焼きたい場合にはオーブンがおすすめです。
▼これも気になる……ソテーやムニエル、ローストの違いは何だ??

おいしく料理!グリルの使い方のポイント

調理する機会の多い魚・肉・野菜料理での調理ポイントをご紹介します。

魚料理

グリル内は温度にムラが出てしまうもの。奥は高温に、中央より端が高温になるので、火が通りにくい部位は奥に入れるようにするとよいでしょう。

魚の塩焼きをグリルでおいしく仕上げるポイントは、塩を振るタイミングにあります。塩を振るのは、焼く20分から1時間前がよいようです。塩をふることによりうまみがアップし、臭みを抑えることもできます。
  
西京漬けや粕漬けなど、漬けこんであるものは焦げやすいため、魚についている味噌や酒粕は軽く拭き取るとよいですよ。

肉料理

肉をステーキにした際、おいしいと感じる温度があります。肉の中心部の目安温度はレアなら55~65℃程度ミディアムレアは65℃、ミディアムは65~70℃、ウエルダンは70~80℃くらいです。厚みのあるステーキを焼く場合は、温度計などがあれば肉の中心温度を測るとよいですよ。

肉をグリル焼きにすると、余分な油を落とせるのが長所ですが、高温で短時間で焼くことで肉の旨味もしっかり残ります。鶏肉は皮を下にして焼きましょう。

野菜料理

野菜は焦げてしまわないように、また生焼けのままにならないよう、置き場所も気を配るとよいですよ。奥や端は高音になりますので、様子をみながら焼きたい場合はちょうど中央あたりがよいでしょうオリーブオイルを野菜に塗るのも焦げの防止にもなります。

小さな野菜は網からぽろりと落ちてしまうことも!そんな時は、網にアルミホイルを敷いて焼くと防げますよ。ただし、ホイルの高さやぴっちり網を覆ってしまわないようにしましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう