三ッ星シェフが認めた!リンゴのお酒『SASSY』日本初上陸

フランス・ノルマンディー産、100%無添加の本格プレミアム・シードル、『SASSY(サッシー)』が日本に初上陸しています。三ッ星シェフも認め、高級レストランでも提供されているパリで話題のお酒。今回、日本で3種の商品が発売中。

2019年2月22日 更新

世界的にブーム!『SASSY』発売中

リンゴのお酒『SASSY』が、日本初上陸!日本でも徐々にブームの兆しが見えてきたリンゴのお酒「シードル」は、グルテンフリー、プリン体ほぼゼロ、ポリフェノールなど美容と健康への効能、そして低アルコールのスパークリングというトレンドから、世界的にブームになっています。

『サッシー』とは?

『サッシー』は、世界遺産「モンサンミッシェル」で有名な、フランス北西部ノルマンディー州南部にあるサッシー城で生まれたお酒。お城に代々受け継がれる伝統のレシピを元に、現代風にアレンジされた味わいは、重厚な果実味を残しつつも、軽快な飲み口のドライシードルに仕上げられています。
製造元であるメゾン・サッシー(Maison Sassy)は、「シードルに新しい輝きを」というスローガンの下、100%地元産リンゴのみを使い、シャンパーニュ地方で一般的な圧搾機を使うなどのこだわりと、巧みなマーケティング戦略で、現地メディアにも数多く採り上げられているのだとか。

その実力が認められ、ジョエル・ロブション、アラン・デュカスなど有名三ツ星シェフのレストランで採用されています。

パリで話題!日本に3種の『サッシー』が登場

各 680円/ 330ml
各 1,580円/ 750ml

各 680円/ 330ml
各 1,580円/ 750ml

『サッシー』は近年パリで話題となっている、シードル新潮流の先頭を行くブランド。都会的なイメージで、シードルに縁のなかったミレニアム層を惹きつけ、2014年の創業以来、人気の商品なのだとか。
今回、日本で発売の『サッシー』は、20種類のリンゴを丁寧にブレンドした「サッシー・シードル(alc. 5.2%)」、絶妙な酸味バランスで女性に大人気の「ロゼ」(alc. 3.0%)、控えめで優しい味わいの「ポワール(梨)(alc. 2.5%)」の3種類がラインナップ。
パリで話題のスパークリング『サッシー』、色もうつくしく、おいしそうですね。パリで話題のお酒、ぜひお試しください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう