ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

ふんわり食感で人気!業務スーパー「えびぷりスティック」

Photo by akiyon

衣までついた状態で冷凍されていて、あとは "揚げる" だけでフライが完成する「冷凍フライ」は、あると便利!忙しくて調理する時間があまりとれなくても、さっと熱々のフライを作ることができますよね。 そんな冷凍フライのラインアップが充実しているのが業務スーパー。いろいろ販売されているもののなかから、今回はお弁当のおかずにぴったりな「えびぷりスティック」をご紹介します。

フライパン調理もOKのスティックタイプ

Photo by akiyon

321円(税込)
「えびぷりスティック」は、イカのすり身にエビとカニカマを混ぜて作られた冷凍フライ。ひと袋に約10cm×3.5cmの大きさのスティック状のフライが8本入っていて、重さは約400gとかなりボリューミーな商品です。 価格はひとつ当たり約40円と、コストパフォーマンスも抜群!オレンジ色を基調とした中身が見えるシンプルなパッケージに入って販売されています。

Photo by akiyon

衣がしっかりとついていて、あとは揚げるだけで完成!前の晩に衣までつけておくという、ちょっぴり面倒な下準備をしておかなくてもいいところが、とても助かりますよね。 油で揚げるほかフライパンでの揚げ焼き調理も可能で、忙しい朝でも気軽に作ることができます。スティック状に成形されているので、均等に火が通って揚げムラもできにくく、失敗知らずで芳ばしいフライが完成しますよ♪

冷めてもおいしいから、お弁当に最適!

Photo by akiyon

それでは実際に調理して、どんな味わいなのか確かめてみましょう。170度の油で揚げると、約5分でこんがりとしたおいしそうなフライができあがりました。 ひと口食べてみると、衣のサクサク感と中のふんわり食感の対比が楽しい……!イカのすり身は少しもっちりとしていて、ときどき現れるエビのプリプリ感が楽しく、全体としてとてもなめらかな口当たりですよ。

Photo by akiyon

ところどころにエビやカニカマが見えるすり身は、イカの旨味が効いたやさしい味わい。塩分も控えめで食べやすく、小さなお子さんから年配の方まで幅広く楽しむことができそうです。 冷めてもふんわりした食感や魚介の風味が変わらないところが、お弁当にぴったり!メインのおかずとして大活躍しそうですよ♪

ソースを変えればバリエーション豊かなお弁当に

Photo by akiyon

それでは、おすすめのお弁当アレンジをご紹介します。こちらは「えびぷりスティック」にスイートチリソースをかけて、メインのおかずにしたお弁当です。 あまり主張しすぎない控えめな味わいは、ソース次第でいろいろなタイプのお料理を楽しむことができます。魚介に合うソースならなんでもOK!その日の体調や気分に合わせたソース選びで、バリエーション豊かなお弁当を作ることができそうですよ。

Photo by akiyon

こちらは、「のり弁」のフライ系のおかずとして「えびぷりスティック」を使用した例です。マヨネーズに漬物を混ぜた簡単なタルタルソースをかけて、定番の竹輪の磯部揚げなどと一緒に盛り合わせました。 このほか、ケチャップやポン酢などをかけてもおいしいと思います。和風にも洋風にも対応できるやさしい味わいなので、いろいろなタイプのお弁当に利用してみてくださいね♪

Photo by akiyon

こちらは「えびぷりスティック」とほうれん草、沢庵を具にして巻いた「巻き寿司」です。フライのふわふわな食感は、やわらかいご飯の食感と一体化して食べやすく、衣の芳ばしさも楽しいお料理ができあがりました。 お弁当はもちろんのこと、お昼ごはんやおもてなしにもおすすめのアレンジです。衣にソースやマヨネーズを絡めて、どうぞ召し上がれ♪

冷凍庫のストックに!

Photo by akiyon

お弁当にも夕食にも使える便利な「えびプリスティック」。冷凍庫にストックしておけば、忙しいときでも、「あ、あれがあった!」と思い出すだけでストレスも解消しそうです。 ふわふわ食感のスティックタイプは、食べやすいので重宝すること間違いなし。ぜひいろいろなアレンジで楽しんでみてくださいね♪

商品情報

■商品名:えびぷりスティック ■価格:321円(税込) ■原産国:中国 ■内容量:400g(8個入り) ■カロリー:158kcal(100g当たり)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS