ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ごはんがすすむ最強のお肉が登場!

Photo by muccinpurin

大入りの冷凍アイテムや、定番調味料など、豊富な食材がそろう業務スーパー。実は見逃しがちなチルドコーナーに、見慣れないアイテムを発見しました。 「やわらかポーク アメリカンBBQ味」は、すでに加熱された肉がパウチに入った新商品。一度食べたらハマる味で、誰かに進めたくなるほど価値ある逸品でした。

国内工場でじっくり煮込んだ自慢の味!

Photo by muccinpurin

やわらかポーク アメリカンBBQ味 460 円(税別)
細長い真空パックに入った「やわらかポーク アメリカンBBQ味」は、バターやチーズなどの乳製品が並ぶ冷蔵ケースに並んでいます。 業務スーパーの常連さんは、いつも使うものの目的買いの方も多く、これまで気づかなかった方もいるのではないでしょうか。 持つとずっしりとした重さに、肉好きの血が騒ぎます……!

Photo by muccinpurin

細長くちょっと変わった形のパッケージは、裏返すと肉の大きさがよくわかります。女性のこぶしより少し小さなサイズの肉が、ゴロゴロと3個入っていました。 やわらかポークは、豚の舌の根元の部分に当たる「タンルート」のブロックを煮込んだもの。本来は筋が多く硬い肉質ですが、じっくりと時間をかけて煮込むことで、やわらかく仕上げているんだそうです。味はピリ辛のBBQ風。これはごはんが進みそうな予感です♪ 国内自社関連工場で作っているので、安心ですね。

思った以上に大きい…!

Photo by muccinpurin

温め方は「500wのレンジで3分温める」もしくは「パッケージごと熱湯に入れて5分温める」という2つ。 今回はレンジで温めるので、耐熱容器に移しました。パッケージを開けるとゴロゴロと大きな肉が……!この段階ではまだ “やわらか” ではありません。

Photo by muccinpurin

大きさがわかるように隣に辣油のボトルを置いてみましたが、ほぼ同じ大きさです。やはり大きい! ラップをかけて500wのレンジで3分温めて、さっそく試食です。

まずは、そのままいただきます!

Photo by muccinpurin

温めたやわらかポークを贅沢に厚切りにしてみました。温めたことで油の部分がとろっとやわらかく、カットするそばから肉汁があふれます。まさに “やわらかポーク” です。 肉はかなり熱くなっているので、切るときはやけどに注意してくださいね。 タンにこんなにおいしそうな脂がのっているなんて知りませんでした……!さっそく食べてみます。

Photo by muccinpurin

脂身は驚くほどトロトロでやわらか♪ 肉の部分もしっかりと煮込まれているので、口のなかで繊維がすんなりとほぐれていきます。 色からしてソースか醤油ベースの味かと予想していたんですが、トマトベースにほんのりスパイシーなバーベキュー味そのもの。 見た目ほど味が濃すぎないので、ぺろりと食べきってしまいました……!

丼だって大満足のボリューム!

Photo by muccinpurin

厚切りのやわらかポークを贅沢にごはんにのせて、やわらかポーク丼の完成!半熟卵とゆでたほうれん草を添えれば彩りもバランスも完璧です♪ たれがごはんにしっかりと染み込んで、ごはんが止まりません!温めるだけすぐ食べられるので、忙しい朝や夜食にも使えそうです。 お弁当にこんなやわらかなお肉が入っていたら、お昼が楽しみになりますね。

ピリ辛味はごはんにもパンにも!

Photo by muccinpurin

ピリ辛があと引くバーベキュー味は、ごはんはもちろんパンとの相性も最高!サンドイッチやピタパンの具としても手軽に使えそうですね。 なんと言っても手軽なのは、温めるだけで食べられるところ。冷蔵庫に常備しておけば、夕飯のおかずがあとひと品足りないときや、急なお弁当などの救世主になってくれそうな心強い存在です!

商品情報

■商品名:やわらかポーク アメリカンBBQ味 ■価格:460円(税別) ■原産国:日本 ■内容量:160g ■カロリー:100gあたり268kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS