ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

どこか懐かしの味「エッグタルト」

Photo by muccinpurin

香ばしく焼かれた生地に、卵を使ったフィリングを入れて焼いた「エッグタルト」。 香港やマカオ、さらにはポルトガル名物として知られるエッグタルトが、業務スーパーでも販売されています。 ポルトガル直輸入のエッグタルトを、元パティシエの筆者が実際に食べてその味をレポートします♪

業務スーパーのエッグタルトはポルトガル風

Photo by muccinpurin

『エッグタルトチョコクリーム入り』462円(税込)
エッグタルトといえば、マカオや香港とポルトガルのものが有名です。 業務スーパーのエッグタルトは、ポルトガル風。ポルトガルと香港のエッグタルトには、ふたつの違いがあります。 ひとつは「土台がパイであること」。もうひとつは「フィリングの卵感が強くしっかりとしていること」です。もともとポルトガルにあったものが香港に伝わって、土台はタルトに、フィリングはやさしく焼いたフルフルタイプに独自の進化を遂げました。

Photo by muccinpurin

箱を開けると、直径7センチほどのアルミカップに入ったエッグタルトが出てきました。 個包装の袋はなくこのままの状態で入っているので、箱を開けた瞬間パイに使っているバターの香りが♪

Photo by muccinpurin

食べ方は「凍ったままのエッグタルトのアルミカップを外し、1200wのオーブントースター1個当たり約12分加熱」とあります。 さっそく予熱したトースターで焼いて、試食してみましょう♪

Photo by muccinpurin

焼きたてのエッグタルトは、カスタード部分のつやが増し、エッグタルトらしい卵のいい香りが漂います。 目で見てもパイがしっかりと層になっているのが確認でき、これはサクサクの予感……! アルミカップを外してトースターに入れることで、パイの水分が蒸発し、サクサクになるんです。おいしく食べるポイントですので、焼く際にはアルミカップから外すのを忘れないようにしてくださいね。

Photo by muccinpurin

さっそくフォークで割ると、なかからとろりとチョコレートが……! 卵の香りとパイの美しい層に気を取られて、チョコレートクリーム入りのことを忘れていたので、これはうれしいサプライズです。
もっちりとしたカスタードは、卵の風味が濃厚!ヨーロッパのお菓子に見られるような、バニラが香るタイプとは違い、エッグタルトのカスタードは、卵の香りとコクがしっかりとあり、どこか懐かしさを感じます。 例えるなら昔懐かしいしっかり食感のプリン。香料を使わず、卵と砂糖、牛乳だけを使ったあの味です。

Photo by muccinpurin

チョコレートクリームも、カスタードに負けない濃厚さ。ヘーゼルナッツをプラスしているので、ナッツの香ばしいコクも感じますね。甘さよりもビター感が強いですが、絶妙なハーモニー♪ 普通のエッグタルトにはチョコレートクリームは入れませんが、カスタードとの相性は言わずもがな抜群! しっかりとしたカスタードにとろけるようなチョコレートクリーム、一度体験したらやみつきになりますよ。

エッグタルトの域を越えた仕上がり…♪

Photo by muccinpurin

ぷるんとしたカスタードと、とろけるような口溶けのよいチョコレートクリーム。 オーブントースターで焼き直すことで、パイのサクサク感も焼きたてのようによみがえり、とても満足度の高いエッグタルトでした。 焼いてから少し冷ますと、カスタードが締まってまた違った味わいです。4個入りなので、お好みの食べ方を見つけてくださいね。

商品情報

■商品名:エッグタルト(チョコクリーム入り) ■価格:462円(税込) ■原産国:ポルトガル ■内容量:60g×4個 ■カロリー:100g当たり303kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS