ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーの冷凍野菜「アボカドチャンク」

Photo by muccinpurin

業務スーパーの冷凍野菜といえば、大容量でコスパがいいので、人気のアイテムですよね。天候不良や不作で野菜の価格が安定しないときのお助け食材として、すでに上手に食卓へ取り入れている方も多いと思います。 そんな冷凍野菜のなかでも注目したいのが「冷凍アボカド チャンク」。「アボカドを冷凍なんて!?」と少し驚きますが、その使い勝手にはもっと驚きが隠されていました……!

アボカド×冷凍ってこんなに便利!

Photo by muccinpurin

「アボカドチャンク」645円(税込)
そのクリーミーな舌触りと濃厚さで “森のバター” とまで言われるアボカド。 一年中スーパーで手に入りますが、食べごろを判断するのがむずかしかったり、残ったものが変色したりと、ちょっとした悩みもありますよね。

Photo by muccinpurin

冷凍アボカドチャンクは、すでに皮と種を取り除きカットされた冷凍野菜。選ぶのに悩んだり、すぐ変色してしまう心配もありません。 サイズは1~1.5cm角で、サラダのトッピングに使いやすいサイズです。大きさはまちまちですが、そこまで気になりませんよ。冷凍されているので、表面の水分が固まって霜が付いています。 この冷凍アボカドの人気の秘密を、さっそく見ていきましょう。

冷凍アボカドの優秀ポイントはここ!

ほうれん草や里芋、かぼちゃにミックスベジタブル……。ありとあらゆる野菜に冷凍商品がありますが、アボカドはフレッシュな状態で買うのが一般的だと思っていました。 少なくとも筆者はそう思っていたんですが、今回の冷凍アボカド、冷凍することにかなりのメリットがあったんです。

1. 皮と種を取る手間が省ける!

アボカドを使うときに、皮をはいで種を取り除く作業は必須。でも急いでいるときにあの作業がちょっと面倒だったりするんですよね。 皮と種を取り除く作業がなく、しかもすでにダイス状にカット(チャンクとはぶつ切りの意味)してあるのですぐ使えます。

2. 使いたい分だけ使える

使い切れなかったアボカドを、後で食べようと冷蔵庫に入れると結局黒くなってしまった……というのは、誰もが経験のある “アボカドあるある” ですよね。 冷凍アボカドはすでにカットしてあるので、使う分だけ解凍でき、一切無駄がありません。とてもエコですね。

3. 変色しにくい

メリット2にも通じますが、アボカドは空気に触れることで酸化します。さらに熟してきたアボカドは、少しでも衝撃が加わると黒く変色してしまいます。 冷凍アボカドならいつでも美しいライムグリーン。ワカモレソースにもサラダにも、一番いい状態のアボカドを使えます
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS