カレールーは組み合わせるとおいしい?

市販のカレールーはそれひとつで完成された味に作られていますが、複数を組み合わせるとおいしいって噂をご存知ですか? そのままでもおいしいならそれだけでもいいと思うかもしれませんが、試した人からは絶賛の嵐。 特に相性がいいのが、甘めのものとスパイスが効いたものを組み合わせること。甘めのものは野菜の旨味などがギュッと詰まっているものが多いです。 しかしそのぶん、スパイスの風味が足りないものがしばしば。そこでスパイスがよく効いたカレールーを投入することで、旨味もスパイスの芳醇な香りも備わった、最強のカレーになるのです。

おすすめのカレールーの組み合わせ3選

1. これぞ家庭の味!? 「こくまろ甘口×バーモントカレー中辛」

もはや定番とまでさえなっている王道の組み合わせがこちらです。それぞれ半分ずつまぜると家庭の味になるのだとか。というもの「こくまろ」のまろやかさに「バーモントカレー」のまろやかさが足され、されにコクもプラスされることから、やさしい、けれどもしっかり深みのある味になるんです。どちらもスパイの主張があまりないので、やさしく調和された味に仕上がります。

2. 辛さの極み! 「ジャワカレー辛口×ゴールデンカレー辛口」

とにかくスパイスが効いたカレーが食べたいという人にはこちらの組み合わせがおすすめ◎ どちらもスパイス特有のキレのある辛さが特徴のルーなので相性はばっちりなんです。ふたつを半量ずつまぜると、より複雑で芳醇なカレーができあがり。けれども「ジャワカレー」のコクも感じられるので、ただ香りがいいだけのカレーではない、極上の辛さと香りを持ったカレーに。どちらも辛口を使っているので、辛いもの好きも納得ですよ。

3. すべてのバランスがいい「プレミアム熟カレー中辛×ゴールデンカレー中辛」

最後はこちらの組み合わせをご紹介します。「プレミアム熟カレー」は2段構造により深いコクと旨味が、「ゴールデンカレー」はスパイスの香りと辛さが特徴のルーです。これらふたつを半量ずつたして作ると、辛さも香りもコクも全てバランスのいいカレーを作ることができます。市販のカレールーは辛さ、香り、コクのどれかに特化しているものが多いですが、この組み合わせだと全部をいいとこどりできるんですよ◎

それぞれの特徴を知ってもっと理想のカレー作りを♪

スーパーに行くとカレールーって、本当にズラッとたくさんの種類が並んでいますよね。うちはコレ! と決めている方も多いかもしれませんが、みなさん一度はどれがおいしいの? と思った経験があると思います。 それぞれのパッケージには特徴や辛さなどが書かれていますが、それが自分に合ったものなのはかわからないですよね。また、いつものカレーをもっとおいしく作りたいと思った人も多いでしょう。 そこで、ご紹介したおすすめのルーをぜひ参考にしてみてください。もし合わせ技を使うときも、組み合わせの参考にどうぞ◎ これでいつものカレーライフがより楽しくなるかもしれませんよ♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ