ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

おいしいカレールーの選び方

米との相性

カレーといえば欠かせないのがお米。カレーは汁気があるものなので、お米はしっかり歯ごたえのある硬めのものを選ぶのがおすすめ! 有名な品種だとあきたこまちやつや姫などがおすすめです。あきたこまちはサラッとした味なので、カレーのスパイスを引き立ててくれます。対してつや姫はお米自体に旨味があり、カレーとの相性がバッチリなんですよ。

辛さ

市販のカレールーは甘口、中辛、辛口の3つがありますよね。さらに、パッケージをよく見てみると辛味順位という5段階の辛さ指数が示されています。 辛さを選ぶとき、小さいお子さんはやはり甘口がベターでしょう。大人の方なら中辛か辛口を選ぶ方が多いと思いますが、このときに注目してほしいのが辛味順位。同じ中辛、辛口でもよく見ると辛味順位が違っているんです。 中には甘味が強いもの、スパイスが効いているものなど、種類によって表記の辛さより甘かったり辛かったり感じることがあるので、そのカレールーの特徴を知っているとよりいいかもしれませんね。

おすすめ「カレールー」ランキングTOP10選

1. ただよう黄金の香り「S&B ゴールデンカレー 中辛」

ITEM

S&B ゴールデンカレー 中辛 198g

198g

¥205 ※2019年01月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

黄金の香りと言うだけあって、立ち込める芳醇な香りが別格の「ゴールデンカレー」。こだわりは素材本来の香りを活かす製法を生みだし、ハーブとスパイスの魅力を存分に引きだしたことです。香りだけでなく、スパイスやハーブによってコク深さも表現。キレのある辛さの中から感じられる味わいと香りを実感できる商品ですよ。

2. キリッとした辛さがやみつき「ハウス ジャワカレー 中辛」

ITEM

ハウス ジャワカレー 中辛 185g

185g

¥203 ※2019年01月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

同じ銘柄なのに甘口、中辛、辛口以外にも数種類のラインナップがある、大人気の「ジャワカレー」。スパイスをたくさん使った爽快感のある辛さと香りが1番の特徴です。こちらはもともと辛めのルーなので、中辛でも一般的な中辛よりも辛く感じるでしょう。しかしキレがよく、深いコクもしっかりふくまれているので、スパイスが効いたカレーが好きという人にはたまらないですよ。

3. 日本中から愛されてきたルー「ハウス バーモントカレー 甘口」

ITEM

ハウス バーモントカレー 甘口 230g

230g

¥244 ※2019年01月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

甘口のカレーといったら「バーモントカレー」は外せませんよね。国産のりんごとはちみつを使って甘みとまろやかさを引き立たせているためとても食べやすく、小さなお子さんから大人まで、誰でもおいしいと感じる味になっています。他のルーと違ってスパイシーさや辛さには欠けますが、独特の甘みがクセになる人も多いのだとか。甘口は一切辛さが感じられません。

4. 2段構造がおいしさの決め手「江崎グリコ プレミアム熟カレー 中辛」

ITEM

江崎グリコ プレミアム熟カレー 中辛 160g×6個

160g×6

¥1,537 ※2019年01月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

20種の食材と熟成させたスパイスを使って深いコクを極めたのが「プレミアム熟カレー」です。さまざまな食材の味が一体になったまろやかさと奥深いスパイスのバランスが絶妙。こちらのルーの特徴は二段構造になっているところ。香りとコクを引き立たせるための設計なので、ご家庭でも簡単に本格的な味を再現できますよ。ちなみにこちらのカレーは、中辛が1番味と香りのバランスがとれています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS