ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

これから料理を始めたい!まず何からはじめたらいい?

まずは好きなもの・食べたいものを作ってみよう!

まずは自分の好きなもの作ってみるのがおすすめです。同じ料理するなら、好きなものを作る方がやる気がでるし、おいしくできたときの喜びも大きいからです。自分が食べたことのない料理や好きでない料理は、できあがりの味もイメージしにくいもの。食べたいものが、自分で作れるって楽しいですよ。

レシピを見てみよう

自分の作りたいものが決まれば、レシピを見てみましょう。どのような工程で調理時間はどれぐらい? 材料や調味料・調理器具は? 途中で時間や材料が足りないことのないよう、作る前にチェックしておくことが大切です。工程が複雑で時間がかかるものは、少し料理に慣れてからの方が良いでしょう。

調味料の分量を守る

調味料の分量を守ることは、料理のおいしさを左右する重要なポイントです。調味料の微妙な量の違いで、味は大きく変わります。また、調味料は食材をやわらかくする・日持ちするなど、味付け以外の役目もあります。特にお菓子作りは、見た目や食感に大きく影響するため、正確な計量がカギになります。

味見はだいじ!

レシピ通りに作っても、味見は大切。同じ調味料でもブランドによって味の濃さ・甘さ・辛さなどに特徴があります。味見をして「なにか足りない、味がぼやけている」というとき、わずかな塩で味がピタリと決まることがあります。味が濃いと感じた場合も、味見をしていれば工夫でリカバリーできますよ。

料理初心者がまずはじめにそろえる道具

この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS