10. HUGO&VICTOR (ユーゴアンドヴィクトール)

マカロン発祥のパティスリー「ラデュレ」などの有名店でシェフ・パティシエを務めていたユーグ・プジェが設立したパティスリー&ショコラトリーが「ユーゴ&ヴィクトール」。 人気は、本のようなケースが印象的な、半球型のチョコレート「カルネ・シ・スフェール」。ひと口かじる、風味豊かなキャラメルのペーストが溢れ出てくる贅沢なひと品です。

日本未上陸のフランスの人気チョコレート4選

11. MAZET(マゼ)

かわいらいパッケージが目をひく、フランスの伝統代菓子「プラズリン」を手がける「マゼ」。スペシャリテはローストアーモンドをカラメルがけしたプラリズンですが、そのプラズリンを板チョコにしたタブレットもおすすめ! 現在、取り扱っている日本のお店や通販サイトはありませんが、バレンタイン時期などになると、催事、百貨店のホームページなどで通信販売されることがあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

12. Bernachon(ベルナシオン)

ITEM

Bernachon(ベルナシオン)タブレット マンディアンプラス 1枚

内容量:1枚

¥6,980 ※2018年12月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

フランス、リヨンにのみ店舗を構える「ベルナシオン」。品質管理の点から、輸出もほとんどしていないという徹底ぶり!1番人気は金粉をあしらったまさに優雅な気分に浸れるチョコレートの「パレドール」。トランペフォークで付けられた3本の跡が、丁寧で素朴な雰囲気を持つ特徴的なひと品です。

13. Sebastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)

ITEM

Sebastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)塩キャラメルの板チョコ

内容量:80g

¥2,138〜 ※2018年12月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

もともと世界のトップブランド「フォションのパティシエだったセバスチャン・ゴダール」。フランスの伝統菓子も手がけていますが、彼のパティスリーでは板チョコが大人気!なかでも塩キャラメル味は、品切れが出るほどの人気ぶりだとか。

14. Jacques Genin(ジャック・ジュナン)

ラ・メゾン・デュ・ショコラの元シェフパティシエ「ジャック・ジュナン」のパリの人気チョコレート店。おすすめは「ボンボンショコラ アソート」。 パリにある本店のショーケースには、まるで石畳のように整然と並んぶ「ボンボンショコラアソート」がチョコレート好きの来店を心待ちにしています。

イベントや催事の情報を要チェック!

未入荷のフランスチョコレートを手に入れたい方は、百貨店の催事情報や、バレンタイン付近に行われるチョコレートやスイーツのイベント情報をチェックしてみましょう。 今まで日本には未上陸だったフランスのチョコレートブランドが今年は出店するなんてこともありますよ♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ