定番板チョコ3大ブランド比較!用途で使い分けるのが上級者!?

コンビニなどでお馴染の板チョコレート。その中でも明治、ロッテ、森永の板チョコがは日本3大チョコレートと言われるほどの全国シェアを誇っています。そんなチョコレートを比較してみました。用途に合わせて使い分けるのがチョコレート上級者?

板チョコ3大ブランド

コンビニやスーパーでお馴染の板チョコレート。その中でも明治、ロッテ、森永の板チョコは日本3大チョコレートと言われるほどの全国シェアを誇っています。そんなチョコレートを比較してみました。用途に合わせて使い分けるのがチョコレート上級者なのかもしれません!

明治ミルクチョコレート

「永遠のピュアチョコレート」といいうキャッチコピーがついている明治ミルクチョコレート。「ピュアチョコレート」の称号は、厳選された材料を使ったチョコレートだけが名乗れるそうで、一口食べるとその芳醇なカカオと優しいミルクの味が広がるベーシックなチョコレート。その対応力のあるおいしさは、手作りチョコレートの材料にも最適とされています。
ガナッシュやチョコレートケーキなどにもぴったりなその味は、甘さとカカオの香ばしさを感じることができ、はっきりとした味わいになっているそうです。明治の公式サイトによるとマダガスカル産のバニラを使っているというこだわりがあるみたい♪

ガーナミルクチョコレート

赤いパッケージが印象的な口どけなめらかなガーナのミルクチョコレート。上質なカカオの芳醇と一緒に、スッキリとしたカカオ感とコクのあるミルク感とが織りなすハーモニーに酔いしれましょう♪カカオにこだわるロッテだけの味わいとコクと香り、そしてガーナならではの、なめらかな口どけを楽しめるとのことです。
まさに厳選したカカオとなめらかなミルクの理想的なバランスを感じるチョコレート。どちらかというと他のミルクチョコレートよりも甘さが際立つタイプかもしれません。

森永ミルクチョコレート

ミルクのおいしさとカカオが際立つ1918年から受け継がれてきた伝統の味わいです。どちらかというとちょっと苦味のきいたビタータイプに近い板チョコだそうです。
CCX製法という森永独自の製法で、カカオの香り・甘さのキレ・口溶けの良さ・ミルクのコクを引き出しているとか!

原材料

<明治ミルクチョコレート>
砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、レシチン(大豆由来)、香料
<ガーナミルクチョコレート>砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料
<森永ミルクチョコレート>
砂糖、カカオマス、ココアバター、全粉乳、乳化剤(大豆由来)、香料

口溶け

特集

SPECIAL CONTENTS