ライター : TAMA39

手作りラムネの基本レシピ

Photo by TAMA39

昔懐かしのラムネは、親子で手作りすると実験みたいでとっても楽しいです♪赤と青と白のラムネでカラフルに、見た目もかわいく作りましょう。 今回は、シャーベットのような食感と色合いに仕上げた基本のラムネの作り方をご紹介します。

材料(4人分)

Photo by TAMA39

作るときのコツ

  1. できたては、ほろほろと崩れやすいので、よく乾燥させるまではそのままそっと乾かします。色素を混ぜるときにていねいによく混ぜ合わせるとムラのない色に仕上がります。
  2. 固めるときはぎゅっぎゅっとしっかりと力を入れて作ってくださいね。

作り方

1.粉糖とコーンスターチを混ぜる

ボールに入った粉糖

Photo by TAMA39

粉糖とコーンスターチをボウルに入れて、よく混ぜ合わせます。

2.クエン酸、レモン汁、水を混ぜる

ボールに入ったクエン酸、レモン汁、水

Photo by TAMA39

クエン酸、レモン汁、水を合わせ、クエン酸が溶けるまでよく混ぜ合わせます。

3.粉と液を混ぜ合わせる

混ぜる手元

Photo by TAMA39

1.の粉と、2.の液をボウルの中でよく混ぜ合わせます。

4.重曹を入れて混ぜる

ボールに入った材料をスプーンで混ぜる手元

Photo by TAMA39

最後に重曹を入れて、スプーンや手でよく混ぜ合わせます。

5.3等分に分ける

三色の器に入った粉

Photo by TAMA39

色を分けるために、粉を3等分に分けます。

6.食紅を入れる

三色の器に入った粉

Photo by TAMA39

ひとつに赤、ひとつに青の食紅を入れ、ざっくり混ぜ合わせます。このときお好みの色になるように食紅を調節してください。すぐに色が付きますので、入れすぎに注意してくださいね。

7.お好みの色が付くまでよく混ぜる

粉

Photo by TAMA39

ムラがなくなるようによく混ぜても、わざとムラを出してシャーベットのように色づくように混ぜても、どちらもかわいく仕上がるので、お好みで色を調整してくださいね。

8.型に入れる

製氷皿

Photo by TAMA39

今回は小粒の氷が作れる製氷皿を使って型をとりました。型の半分くらい入れたら一度指を使ってぎゅっぎゅっとよく固めていきます。また上からラムネのタネを入れ、型にいっぱいになるように作ります。

9.すべての色の型を取る

製氷皿

Photo by TAMA39

すべての色を同じように作ります。色が混ざってしまうのが気になるようなら、一色ずつ作ります。指で力を入れずらいときは、棒のようなものを使って固めると簡単です。

10.型から取り出す

三色のラムネ

Photo by TAMA39

慎重に型から取り出します。作りたては崩れやすいので、やさしく並べて一日よく乾燥させて固くします。

11.できあがり♪

ボールに入ったラムネ

Photo by TAMA39

よく固まったら完成です。口に入れるとほろっと崩れてしゅわっと溶ける、やさしい味わいのラムネのできあがりです。たくさん作ってお友達にプレゼントしても喜ばれそうですね。

アレンジいろいろ!ラムネレシピ 5選

1. 手作りのいちごラムネ

子供のおやつにやさしい味わいのいちごのコンフィチュールを使うラムネです。手作りするならなるべく自然のものを使いたいですよね。

いちごの香がふわっと口の中に広がる食感に、手が止まらなくなりそうです。

2. 8月のラムネ

シュガーペーストとレモンエッセンスで作ったラムネを、きれいにデコレーションするレシピです。混ぜてこねて楽しみながら手作りできます。

フォトジェニックなラムネは食べるのがもったいないくらいですね。

3. ビタミンCしゅわしゅわラムネ

噛むビタミンCを砕いて入れて作るラムネ。オレンジ味とレモン味の2種類を使うので、色もそれぞれきれいです。

編集部のおすすめ