ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

1. 会津のおもてなしの心がつまった「会津そば」

そばどころでもある会津では、古くから各地でそばが栽培されており、8月中旬から9月にかけて、白いそばの花が咲きほこる美しい光景が見られます。江戸時代にはごちそうとして用いられており、結婚式などの祝い事の際、そばをお客様にふるまう「後段のそば」という風習もあります。

こだわりの会津産そばを味わえる「桐屋」

会津産の玄そばを自家製粉した手打ちそばをいただけるお店です。そばだけでなく食材全般にこだわりがあり、野菜は自社の畑や契約農家のものを使用。会津若松市上町の権現亭と、同じく市内の慶山にある夢見亭の2店舗があります。

店舗情報

■店舗名:桐屋・権現亭 ■最寄駅:JR 会津若松駅 車5分 ■電話番号:0242-25-3851 ■営業時間: [ランチ] 平日 11:00~15:00・祝日 11:00~15:00 [ディナー] 平日 17:00~21:30(L.O. 21:00)・祝日 17:00~19:30(L.O.) 日曜または連休最終日:11:00~15:00 ■定休日:水曜日 ■公式HP:http://kiriyasoba.co.jp/index.php?m=top

2. 日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」

全国にファンを持つ喜多方ラーメンは、日本三大ラーメンのひとつに数えられる福島のご当地グルメ。定番の醤油のほか、塩や味噌、ベースも豚骨や魚介など味付けは店によって異なりますが、麺は幅が太く縮れている平打ちの多加水麺使われます。角煮など、豚肉がたっぷりのっていることも特徴です

喜多方の超有名店「坂内食堂(バンナイショクドウ)」

数ある喜多方ラーメン店の中でも、老舗として知られているお店です。豚骨の透明スープにもちもちの麺、大きく切り分けられた特製の焼豚の組み合わせは言うことなし!麺が見えないほど焼豚がトッピングされた焼豚ラーメンも人気です。

店舗情報

■店舗名:坂内食堂 ■最寄駅:磐越西線 喜多方駅 徒歩20分 ■電話番号:0241-22-0351 ■営業時間:7:00~18:00 ■定休日:木曜日 ■公式HP:http://ban-nai.com/index.htm
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS