洗練されたお家ごはんへ。金工作家がつくる器の世界

クールな印象と実用性の高さで人気の、金属素材の食器をご紹介します。アルミやステンレス製のトレーやお弁当箱から、金工作家による手作りの逸品まで5選。いつもの陶器やガラスの器と合わせて、洗練された食卓作りに役立ててみてはいかがですか?

2018年11月28日 更新

金物食器の魅力

クールな表情と実用性の高さが魅力的な、金属素材で作られた食器。特に「金工(きんこう)作家」による作品は、ふたつとない希少性とデザイン力で、暮らしを大切にする人たちから高い人気を得ています。

今回は、銅や真鍮で作られた金工作家ものの食器や、実用的なステンレスのツールなどを厳選して5つご紹介します。日常使いしたいものから憧れのものまで、金物食器の世界を楽しんでくださいね♪

坂野友紀さんのカトラリー

洗練されていながら個性あるフォルムと、長く使い続けたくなるクオリティの高さで、「憧れの存在」とも言うべき坂野友紀さんの作品の数々。アルミ素材のお皿や、洋白(ニッケルと銅の合金)や真鍮のカトラリーは、金属であるのに温かみを感じ、ひとつあるだけでテーブルがやさしい表情に変身してしまうから驚きです。

坂野さんは、作品ひとつ一つ、金属をカナヅチで叩いて作る金工作家。上質な暮らしを目指す人たちの間で人気のカトラリーは、華奢で伸びやかなデザインが特徴的です。人気の秘密は、そのデザイン性だけではありません。用途に応じた使い勝手のよい形を追求した機能性も合わせもちます。
坂野友紀さんのカトラリーは、シルバー系の洋白素材とゴールド系の真鍮素材が中心で、スプーンやフォーク、ケーキサーバーや和菓子用ピックなど種類や大きさもさまざま。一点ずつ丹念に作られていて、鈍く光りを反射するさまは見惚れてしまうほどです。

使うほどに色合いも変化していき、趣がどんどん深まる一生もののカトラリー。ぜひシンプルで上質な器に合わせて、凛とした姿勢で食事をいただいてみてください。なぜだかこころも落ち着いて、ていねいな暮らしをしているような気分に浸れますよ。

もし坂野友紀さんの作品に出会えることがあったら、自分へのご褒美として手に入れてみてはいかがですか?

イイホシユミコ「アルミトレー」

シンプルなのに、やさしさを感じられるフォルムと色合いが魅力的な「イイホシユミコ」さんの器。"手づくりとプロダクトの境界にあるもの"をコンセプトにしており、日本各地の職人さんによって手作業で作られています。量産でありながら温もりを感じ、手に取るだけで、たちまちその魅力のとりこになってしまいますよ。

そんなイイホシユミコさんの作品のなかでも、「クールでおしゃれ!」と大人気なのが、「アルミトレー」。アルミニウム素材で作られていて、トレー部分と角型の持ち手とのバランスや一体感が秀逸です。実用的なのに一度見たら忘れられない印象を残すところが、「イイホシユミコ」ブランドなんです。
このアルミトレーは、軽さと持ち手部分の持ちやすさで使い勝手が抜群!また無機質な色合いは和洋問わずあらゆる食器とマッチし、ご飯茶碗やお魚がのったお皿ですら、クールな印象に仕上げますよ。

ラウンドタイプのほかに3サイズ展開のスクエア型もあり、トレーとして使うだけでなく、直接おやつなどをのせてプレート使いをしても◎ どんどん日常使いして、洗練されたテーブルコーディネートに役立ててみてくださいね。キッチンに立てかけておくだけでも、インテリアが一気にクールに変身しますよ♪

中村友美「薬缶」

中村友美さんは、奈良の工房で金属の板を"鍛金"という手法でたたいて「薬缶(やかん)」を作る金工作家。伝統的な技術を使って作られた作品は、槌目の美しさと品のある質感が魅力的で、美術品とも言ってよい風格があります。

シンプルなフォルムはどんなタイプのキッチンにもなじみ、使い込むほどに色味も変化。金属の味わい深さを堪能できる、一生もののやかんです。
銅素材のやかんは、殺菌作用がありお湯をまろやかに沸かしあげます。中村友美さんのやかんは、さらに、蓋のつまみ部分が菩提樹の実でできていたり、注ぎやすい持ち手や注ぎ口であったりと、使い勝手のよさも秀逸なんです。

高価ですが、毎日長く使うものにこだわってみるのもいいのではと思えてくるような、美しさと機能性を兼ねそなえた逸品。なにより、このやかんで沸かしたお湯をいただいてみたくなりませんか?

工房アイザワ「角型ランチボックス」

装飾性をできるだけ削ぎ、"機能美"を重視したものづくりに徹する「工房アイザワ」。銅、銀、ステンレスなどの金物素材で造られたキッチンツールやテーブルウエアは、洗練されたデザインと優れた品質でたいへん人気ですよね。

なかでも、ステンレス素材のランチボックスは、クールなデザインとシンプルなフォルムで、実際に使う人から高い評価を得ているんです。どんな食材を入れても"かっこよく"決まるところが最大の魅力なのではないでしょうか。
工房アイザワの「角型ランチボックス」は、すべてステンレス素材。蓋にシリコン樹脂のパッキンがついていて、洗いやすいように取り外し可能です。さらに、しっかりと閉じられる金具やゴムバンド付きで、汁漏れの心配もありません。

角型であっても隅が丸くなっているのですっきり洗えて、さっと拭くだけで乾きも早いという点がとても便利!丈夫で清潔さも保てるので、毎日続けてがんがん使える優秀なお弁当箱なんです。

お弁当箱は、このほかにスリム型や丸型など形のバリエーションも豊富。大中小といったサイズも選べ、2段タイプもあるので、きっと自分にとって"ちょうどいい"お弁当箱が見つかるはずですよ♪

番外編:イタリア発ブランド「MOTTA」

バロックダマシンコースター・ソーサー 1,000円(税抜)~

これまで日本の金物製品をご紹介してきましたが、最後にちょっと番外編として、イタリアの金属製品メーカー「モッタ(MOTTA)」のテーブルアイテムをご紹介します。モッタは、約50年間、主にホテルやレストランの業務用として使われ、ヨーロッパ各国の家庭でも愛用される人気商品。

実用的なステンレス素材で作られており、シンプルながらクラシカルな要素も合わせもつデザインが特徴で、繰り返し使うことを前提とした丈夫な造りと使い勝手のよさが魅力的なんです。
日本の家庭で人気を得ているのが「コースター&ソーサー」シリーズです。ミラー仕上げのベースにダマシン柄をプレスして、クラシカルなレリーフで縁取りしたデザインの「バロック ダマシン」や、マット仕上げに縄状のレリーフがクールな「サンマルコ」など、ヨーロピアンなデザインが盛りだくさん!

小さなコースターと大きめのソーサーは、それぞれソルト&ペッパーセットなどの調味料の受け皿にしたり、直接食材を盛りつけたりと、いろいろな使い方で楽しむことができます。このほかにも、「モッタ」にはアイスクリームカップやナプキンホルダーなど、昔のよき時代を彷彿とさせるようなアイテムがたくさんそろっているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう