ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

ビールをタンブラーで飲むメリット

ビール好きならば少しでもおいしく飲みたいと誰もが1度は考えることでしょう。そこでおすすめしたいのがビールタンブラー。たかがタンブラーに注ぐだけでなにがかわるの? と思うかもしれませんが、しっかりとメリットがあるんです。 まず注目したいのが「泡」。タンブラーに注ぐことにより理想的な泡を立たせてくれるのですが、キメ細やかな泡はビールの口当たりをよくしてくれ、風味が抜けるのを防ぐ役割ももっています。 保冷効果にも注目。素材にもよりますが、一般的にタンブラーは保冷効果に優れていて、長時間ビールを冷たいままに保ってくれます。 ほかにも口当たりや風味も缶やビンのままとはまったく違って感じられるなど、タンブラーでビールを飲むということは本当にメリットだらけなんですよ◎

素材の特徴

ステンレス

タンブラーのなかでもメジャーな素材といえるステンレス。一般的に目にするタンブラーの多くがステンレス製でしょう。ステンレスの大きな特徴は熱伝導率の低さ。冷たいビールを長時間冷たいままにしてくれるので、夏場でもゆっくりおいしくビールをいただけます。 お値段もリーズナブルなので、タンブラーをはじめて購入する方でも手にとりやすい素材です。

錫はお酒の雑味を除き、まろやかな味わいにしてくれるとされています。高いイオン効果、熱伝導、そして錆びや腐食に強く、古くから酒器として使われているほど、お酒の器としてはメジャーな素材なんです。見た目も高級感のある輝きをもち、シンプルなデザインながらも洗練されたものが多いですね。しかし錫自体が希少な金属のため、お値段は少々高めです。

陶器

どこか落ち着きを感じさせてくれるようなあたたかさが陶器製の魅力です。職人さんの手作りのものが多く、デザインや形も凝ったものがたくさん。選ぶ楽しさはもちろんですが、冷却機能や泡立ちも優れています。特に表面の細かい穴によって、クリーミーでキメ細やかな泡が立つのがビール好きには嬉しいポイントです。

チタン

チタンは金属のひとつですが、無味無臭で金属独特のにおいがありません。そして、なにより軽くて丈夫。さらには錆びにくいという特徴もあるので、長い間使うことができます。 お手入れもサッと洗って乾かすだけで大丈夫◎簡単に清潔を保つことができて気軽に使るのがうれしいところですね。アレルギーを心配される方がいるかもしれませんが、チタンはアレルギーフリーなので安心して使うことができます。

特別な一杯を!ビールがおいしくなるおすすめタンブラー4選

1. タンブラーの定番「サーモス 真空断熱タンブラー」

ITEM

サーモス 真空断熱タンブラー 320ml ステンレスミラー JCY-320 SM

320ml

¥1,529 ※2018年10月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

タンブラーといったらやはり「サーモス」。シンプルな見た目でどんなときにでも使いたくなるようなタンブラーです。保冷機能はもちろんのこと、結露もでないので机を汚すこともありません。そして食洗器対応といううれしいポイントが。価格も手頃ですので、はじめてのビールタンブラー購入の人におすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS