ホーロー容器の魅力とは?おすすめレシピ&人気商品3選

常備菜や食材の保存など、キッチングッズ売り場でも見かけることが多くなったホーロー容器。その人気の秘密やできることなど、デメリットや注意点も併せて解説します。ホーロー容器で作るお料理のレシピ3つと、おすすめの商品3も登場しますよ。

2018年10月11日 更新

ホーロー容器でできること

直火調理

地の素材は金属、ガラスコーティングは高温での焼き付けのため、ホーローは直火調理が可能なんですよ。ホーロー容器に下ごしらえしたものを保存しておき、調理の際に直接火にかけて料理するということもできます。容器のままテーブルにあげて、残ったら保存♪ あたため直しでも大活躍です。

オーブン調理

もちろん、高温のオーブン調理も可能です。ホーロー容器で調理して、そのままオーブンに入れて焼き上げることができます。もちろん、そのままの保存も可能◎熱々のままテーブルに運ぶグリル料理や、ケーキやプリンなど、スイーツを作るのにも活躍しますよ。

冷蔵・冷凍保存

高温にも耐えられるホーロー容器ですが、冷たい環境でも大丈夫なんです。冷蔵庫や冷凍庫での保存も叶うんですよ。ホーロー容器は地が金属製なので、冷蔵庫に入れると容器自体が冷たくなります。これにより、保冷効果もアップ♪ 食材をより早く冷やす効果も期待できます。アイスクリーム作りでも活躍しますよ。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう