ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

世界から認められるウイスキー「イチローズモルト」とは

世界からも認められたイチローズモルトとは?

イチローズモルトは埼玉県秩父市のベンチャーウイスキーの創業者、肥土伊知郎(あくといちろう)さんが造り上げたブレンデッドウイスキーです。

世界中で数々の賞を受賞。2017年度には、世界中の優れたウイスキーを評価する「ウイスキーマガジンアワード」で、「ワールドベスト・シングルカスクシングルモルトウイスキー」にも選ばれました。

苦労の末に完成!イチローズモルトができるまで

肥土さんは以前サントリーに勤めていましたが、瀕死の状態にあった実家の羽生蒸留所のウイスキー原酒を引き継ぐために退社。廃棄の危機にあった400樽もの原酒を救い出し預かり先を探します。それから、ベンチャーウイスキー社を創立しました。

そのあともウイスキーの本場スコットランドで学んだり、日本中で調査と営業を重ねたりと、多くの苦労をいとわずに活動を続けます。そしてついに、秩父に蒸留所を開設し、こだわりの詰まったイチローズモルトを完成させました。

イチローズモルトの特徴は?

イチローズモルト製造の特徴

イチローズモルトは、大血川渓谷水系の軟水で仕込み、スコットランドのフォーサイス社製ポッドスチル(蒸留器)で蒸留、おもにハンドクラフトで製造しています。発酵・貯蔵は、肥土さんが北海道で買いつけた日本古来のミズナラを使った樽を使用。これは、ジャパニーズオークと呼ばれる、世界的にもめずらしい樽なんですよ。

こうした独自の製法で造られたイチローズモルトは、夏は高温多湿、冬は氷点下にもなる秩父の環境で育まれ、バランス良くフルーティーな味に仕上がります。

味・香り・色の特徴

イチローズモルトはミズナラで作られた樽に由来する、お香を思わせるオリエンタルなフレーバーが特徴。肥土さんの実家である羽生蒸溜所で生まれた、原酒の甘さが引き立っています。ツヤがあり美しい琥珀色で、グラスに注いだときの色合いも素敵ですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ