ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

「ミキサー」「ブレンダー」「ジューサー」。それぞれの違いとは?

「ミキサー」とは

まずは今回の主役である、ミキサーからご紹介しましょう。簡単に言うと、ミキサーとは固形の食材を粉末にしたり、ドロドロの液状にしたりするキッチンツールのこと。容器の底の部分に刃が付いていて、その部分で食材を細かく切り刻みます。なかには硬い氷を砕けるほどのハイパワーを持っているものも。

「ブレンダー」とは

ミキサーとどう違うのかでいちばん迷うのが、このブレンダーではないでしょうか。実はこのふたつ、同じ道具なんです。日本でミキサーと呼んでいる道具は英語圏ではブレンダーと呼ばれ、また英語圏でミキサーというと日本でいうところのハンドミキサー、つまりホイップクリームを作るときの道具を指します。

「ジューサー」とは

食材をドロっとしたジュースにするミキサーとは対照的に、ジューサーは滑らかな舌触りのジュースを作るためのキッチンツールです。砕いた繊維質と水分を分けてくれるので、できあがったジュースはサラサラ。いわゆる果汁100%のジュースをお家で楽しみたいという方にはぴったりな道具です。

「フードプロセッサー」とは

お料理の下ごしらえに向いているのは、フードプロセッサー。お野菜や果物だけではなく、お肉やお魚までも細かく砕くことができます。ブレードやモードを変えることで、スライスしたり、みじん切りにしたりと、いろいろなカットができるものも多く存在しますよ。時短調理をしたい方におすすめなツールです。

ミキサーの選び方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS