ネルドリップで最高においしいコーヒーを淹れる方法

コーヒーの"最高の抽出方法"といわれる「ネルドリップ」。今回はペーパードリップとの味わいの比較や、器具の扱い方、抽出方法を詳しくご紹介します。一度飲んだら忘れられない至福の味わいを、ぜひ体験してみてくださいね♪

2018年11月19日 更新

2. コーヒー粉をネル袋に入れ、コーヒー用ケトルでお湯を沸かします。

Photo by akiyon

コーヒー粉をネル袋にそっと入れて平らにならしておきます。お湯の温度は、沸騰してから少し待って90℃くらいが適温です。慣れてくると、温度を変えてコーヒーの味わいの変化を楽しめますよ♪

3. お湯を1滴1滴粉の中心部に置いて蒸らし始めます。

Photo by akiyon

まず初めに、コーヒー粉の中心部にそっとお湯を置くような感じで、500円玉分くらいの膨らみを作って少し蒸らします。

4. 粉全体に少しずつお湯を落として蒸らします。

Photo by akiyon

次に、静かに細くお湯を粉全体に行き渡らせ、コーヒー粉を膨らませて20秒くらいの間蒸らします。このとき、まだサーバーにコーヒーは落ちてきません。 この“蒸らし時間”が、おいしく淹れる大切なポイントです♪

5. ここから一気に抽出!

Photo by akiyon

“蒸らし”が終わったらお湯を注いで、サーバーにコーヒーがぽたりと落ちるのを確認。数滴落ちてきたら一気に「の」の字を書くようにお湯を注ぎ始めます。

Photo by akiyon

コーヒーがサーバーに落ちるスピードにできるだけ合わせて、お湯を細く注ぎ続けます。この工程は、とくに丁寧に行いましょう!

Photo by akiyon

このように「ハンバーグ」のように膨らんだ形をキープします。このハンバーグ状の粉の周囲には雑味の原因となる部分がたまっています。ネルに直接お湯をあてると、雑味がサーバーに流れ落ちてしまうので気をつけましょう。

Photo by akiyon

コーヒーが欲しい量に近づいてきたら、お湯を注ぐのをやめて待ちます。

6. 適量になったらネルドリップをサーバーから外します。

Photo by akiyon

サーバーの目盛りを見て、適量になったらネルフィルターを素早く外します。フィルターから落ちる滴にはコーヒーの雑味が混じっているので、捨ててしまいます。

6. カップに注いでできあがり♪

Photo by akiyon

コーヒーカップに注いだらできあがり♪ せっかく丁寧に淹れたので、カップもお湯で温めておきましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS