ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

おうちコーヒーが断然おいしくなる

Photo by akiyon

家で淹れたてのコーヒーをゆったり味わう時間は、最高のリラックスタイムですよね。コーヒーの淹れ方もいろいろありますが、コーヒー愛好家から根強い人気があるのが「ネルドリップ」方式です。 ネルドリップは道具の扱いがむずかしそうで、「ハードルが高い……」と思ってしまいがち。しかし少し手間をかけるだけで、思いのほか簡単にレベルの高いコーヒーを淹れることができるんです。 今回は、道具の扱い方から淹れ方まで詳しくご紹介します。ぜひ「ネルドリップ」で淹れたコーヒーの味わいを体験してみてくださいね♪

「ネルドリップ」とは?

Photo by akiyon

「ネルドリップ」とは、「ネル」と呼ばれる布のフィルターを使ってコーヒーを淹れる方法のこと。コーヒー豆の魅力を最大限に生かした“最高の抽出方法”といわれ、コーヒー愛好家からも絶大なる人気を得ています。 「ネル」の手入れや保管方法に少し手間がかかります。ですが、ネルを使って丁寧に淹れたコーヒーは、それも苦にならないほどの忘れがたい味わいをもたらしてくれますよ♪

「ペーパードリップ」と「ネルドリップ」の飲み比べ

Photo by akiyon

同じコーヒー豆を使って、ネルドリップ方式とペーパードリップ方式の両方を同時に淹れて、味わいを比較してみました。まず、ペーパードリップで淹れたコーヒーは、きりっとしたクリアな味わいでおいしい。しかし飲んだあとに少し雑味を感じ、「家で淹れたのだから仕方ない……」と思ってしまいました。 一方ネルドリップで淹れたコーヒーは、舌の上にまったりところがり、濃厚で奥深い味わい。雑味がないのであと味がすっきりしていて、少し甘みを感じます。「このままコーヒー専門店が開けるのでは?」と思ってしまうほど秀逸なコーヒーを自分で淹れられるなんて……感激です!

ネルドリップ方式で使う器具

Photo by akiyon

ネルドリップ方式で使う器具として、以下のものを用意しましょう。 ・ネルのろ過器(ネル袋とフレームのセット) ・サーバー(ネルろ過器とセットになったものが販売されています) ・コーヒードリップ専用ケトル(注ぎ口が細いもの)

新品のネル袋を使うときの下準備

Photo by akiyon

新しいネル袋を使うときは、20分ほど煮沸してネルの汚れや糊を落とします。よりこだわる場合には、コーヒー液で煮沸します。2回目からはこの処理は必要ありません。

「ネルドリップ」の淹れ方

1. ネル袋の水気を絞ってセットし、お好みのコーヒー粉を用意します。

Photo by akiyon

それでは、「ネルドリップ」でコーヒーを淹れる方法をご紹介します。まずはじめにネル袋をしっかり絞ってからフレームをはめ込んでサーバーにセットし、好みの加減で挽いた豆を用意します。 ペーパーフィルターより濃いめに抽出されるので、何度か作ってみて好みのコーヒー粉の量を見つけてくださいね。また、ミルやグラインダーがあると、豆の挽き具合を調整できるので便利です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS