ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

大分生まれの万能調味料「カトレア醤油」とは

Photo by emi

大分県民がこよなく愛す「カトレア醤油」をご存知ですか?大分県別府市にある「フジヨシ醤油」が生み出した「カトレア醤油」は大分っ子にはなくてはならないソウル調味料なのです。 今回は、調理から普通に使う掛け醤油まで幅広く活躍してくれるカトレア醤油のご紹介です。

どこで作られているの?

カトレア醤油は大分県別府市にある「フジヨシ醤油」の小さな工場で作られています。 昭和62年に生まれたカトレア醤油にふさわしい名前をつけたいと考慮中、初代社長の遺品のなかにあった1枚の写真が出てきました。 そこには初代社長が丹精込めて育てたカトレアの花と社長の笑顔が写っていたとのこと。その写真をみて「カトレア醤油」と名付けたそうです。カトレア醤油のラベルの花はその時の写真の花を使用しています。

どんな味わい?

Photo by emi

色は濃い口醤油のような濃い色なのでうどんなどに使っても関西風にはなりません。 カトレア醤油は、カツオの旨みが加わった出汁醤油になります。醤油のしょっぱさがカツオの旨みでまろやかになっているのですが、このお醤油の最大の特徴は「甘み」です。 筆者、実際にカトレア醤油を使っているのですが、甘みが強く、煮物などに使う時は砂糖、みりんなどを控えることができ、健康にもいいのかな?とうっすら思っています。

カトレア醤油の購入方法は?

Photo by emi

カトレア醤油をどこで購入できるのか分からないという方も多いと思います。 フジヨシ醤油は販売店に「卸」をしていないので大分県内のスーパーなどでは販売しておらず、確実に購入できるのはフジヨシ醤油、大分空港のお土産売り場、大分駅の大分にわさき市場のなかにある大分銘品蔵です。または、フジヨシ醤油の公式HPからも購入できます。

東京でも取り扱い販売店あり

東京のアンテナショップでも購入できます。 購入できるアンテナショップは「おおいたアンテナショップ温泉座」と「おおいた温泉座 浅草店」です。人気商品のため入荷待ちの状態が多いので購入の際は確認を忘れずに!

カトレア料理を使ったおすすめレシピ5選

⒈ 煮物

里芋の煮物や肉じゃがなど煮物にはカトレア醤油がぴったり。「甘い煮物にカトレア醤油は欠かせない!」これ大分県人のみなさん口を揃えて仰っています。 ポイントは砂糖を控えること。甘みのしっかりしているお醤油なのでレシピ通りに作ると、とても甘くなってしまうので気をつけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS