ごま油のおすすめ9選!種類や選ぶときのポイントを解説

和食や中華、韓国料理などに使われるごま油。どんなお料理にも芳醇なコクや風味を与えてくれる、おいしい油です。種類によってはボディーオイルとして使えることも!? 今回は、ごま油の種類、製法から選ぶときのポイントまで解説します。

2018年8月9日 更新

おすすめのごま油を知りたい!

食欲そそるごまの香りと風味が印象的な「ごま油」。揚げ油として、中華料理や韓国料理の風味付け、そしてマッサージオイルとして生活のなかでの使いどころも多くあるごま油は、生活に欠かせないオイルのひとつです。

えごま油とは違うの?

ごま油と同じ「ごま」が付くと「えごま油」。実はまったく別物の油なのはご存知でしたか?えごまとは、ごまに似た実を持つことからその名が付けられたシソ科の植物のことを言います。

以前は「シソ油」としても売られていました。香りや味を楽しむのがごま油、えごま油はサラダにそのままかけて、使うことがおすすめです。

ごま油を選ぶときのポイント

種類

焙煎ごま油

ごまの種子を深煎りして抽出するごま油。煎ったことで濃い茶褐色をしています。しっかりと煎れば煎るほど色が濃くなり、また香りも高くなるので濃い味付けのお料理をするときに便利なタイプです。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう