ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ココナッツジュースの人気の理由を徹底調査!

ココナッツジュースとは

ココヤシの果実であるココナッツ、中でも実が緑色の若いココナッツの中に含まれている透明の液体を「ココナッツジュース」と呼びます。 その正体は実の中に蓄えられた“水”であり、一般に「ココナッツウォーター」と呼ばれるのがこちら。ココナッツジュースは、実が成熟するにつれ徐々にココナッツの果肉と空気(空洞)に置き換わります。よって若いココナッツは果肉が少なくまだゲル状、ジュースがたっぷり含まれます。 熱帯地方など、特に東南アジアやハワイ等の太平洋諸島で人気の飲み物であり、生のままや缶入り、瓶入りで販売されていますよ。

ココナッツミルクとの違い

一方、こちらもよく聞く「ココナッツミルク」は、成熟して硬くなったココナッツの内側の固形胚乳と呼ばれる、白い果肉部分から作られます。この部分をすりおろすなどし、煮出したり絞ったりと圧搾してできた液体がココナッツミルクです。非常にデリケートで、劣化しやすいという大きなデメリットがあり、常温で保存するとすぐ傷んでしまいます。

ココナッツジュースの栄養成分とカロリー

栄養素

自然豊かな地で育まれた地下水などが、ヤシの木を通してココナッツに蓄えられたココナッツジュースには、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどが一緒に蓄えられていて“天然の点滴”とも呼ばれ、実際に緊急時には本当に点滴として使用されることもあるのだとか。 また運動で汗を流した後の水分補給や、お風呂上がり、ダイエット中のミネラル不足を補うのにも用いられ“スポーツドリンク”とも呼ばれています。

カロリー

ココナッツジュース100gあたりのカロリーは、わずか20キロカロリーと低め。脂肪分は含まれていませんが、糖質は7.9g含まれています。カロリーが低いからと言って、飲みすぎには注意が必要ですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS