ココナッツジュースは甘くないからまずい?

産地の土壌によって甘さが違う

土壌を通して蓄えられたココナッツジュースは、ココナッツが収穫された場所によっても、風味の違いがあるのが特徴なんですよ。インドのココナッツは甘いと言われており、ブラジルのココナッツはマイルド、バングラデシュのココナッツは土壌に含まれる塩分により若干の塩味があり、とても甘く感じるようです。

甘くない場合の飲み方

ココナッツジュースは、あまり甘くないのが基本です。中にはとても飲みやすいものもありますが、飲みやすいと感じるココナッツウォーターには、砂糖や香料などのココナッツ以外の原料が使われていることが多いでしょう。甘くなくて飲みづらい場合は、炭酸水で割ったり、野菜ジュースを加えたり、スムージーにしたりするのもおすすめですよ。

本場の飲み方

ココナッツがとれる本場では、ココナッツの上部を切り取り穴をあけ、直接ストローをさして飲む方法や、取り出したココナッツジュースに、ココナッツの果肉を削って入れて飲む方法などがありますよ。果肉はほのかに甘く、食感もあり味わいが豊かになるようです。

おすすめココナッツジュース5選

1. 果肉たっぷり「チャオコー ココナッツジュース果肉入り」

ITEM

ナム マパオーン ヌア ココナッツジュース果肉入り チャオコー

内容量:350ml

¥250 ※2018年06月10日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ココナッツミルクで有名な、タイのチャオコー(CHAOKOH)ブランド。世界中のさまざまな国が認める品質で、ココナッツジュースも販売されています。ほんのり甘いココナッツ果肉もたっぷりと入っていて、風味豊かで飲みやすいようですよ。

2. 果汁70%「タスコ 果肉入りココナッツジュース」

ITEM

タスコ(TASCO)果肉入りココナッツジュース

内容量:310ml

¥142 ※2018年06月10日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらもタイのメーカーのココナッツジュースです。もちろん果肉入りで果汁は70%の割合で使用されています。インターネット通販での単品販売としては価格も低めなので、ココナッツウォーターを試してみたいという方におすすめですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ