3. 一度にたくさん焼ける「池永鉄工 たこ焼きプレート 25穴 ピック付き」

ITEM

池永鉄工 たこ焼きプレート 25穴 ピック付き

サイズ:約幅290(取手含む)×奥行235×高さ35mm

¥3,080〜 ※2018年05月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

たこ焼きパーティーをするなら、一度にたくさんのたこ焼きが焼けるこちらの商品がイチオシ。専用のピックも付いてくるので、別で用意する手間もかからず、本格的なたこ焼き作りが手軽に楽しめちゃいます。取っ手付きで使用感も抜群です。

4. プロ愛用の本格素材「岩鋳 南部鉄器 たこ焼きプレート 23穴 IH対応 」

ITEM

岩鋳 南部鉄器 たこ焼きプレート 23穴 IH対応

サイズ:約幅285×奥行225×高さ30mm

¥3,900〜 ※2018年05月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

プロも愛用する南部鉄器製のたこ焼きプレートは、厚手で、生地を流し込んでも温度が下がりにくいのが特徴です。短時間で中はふんわり、外はカリッとした理想的なたこ焼きが作れるので、お店の味に近づけたい方にはうってつけのひと品。

5. 挟んで焼くだけ「アーネスト 両面たこ焼きプレート たこ焼き合戦」

ITEM

アーネスト 両面たこ焼きプレート たこ焼き合戦

サイズ:約幅160×奥行375×高さ35mm

¥4,860〜 ※2018年05月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

挟んでひっくり返して焼くだけの、超お手軽なたこ焼きプレートです。ピックでひとつずつ返す手間がかからないので、誰でも簡単においしいたこ焼きが作れちゃいます。型から溢れ出た生地がパリパリになり、ハネ付きたこ焼きができるのもお楽しみポイントです。

6. 卓上で楽しむなら「イワタニ カセットコンロ付きたこ焼プレート スーパー炎たこ」

ITEM

イワタニ カセットコンロ付きたこ焼プレート スーパー炎たこ

サイズ:約幅348×奥行231×高さ133mm

¥4,790〜 ※2018年05月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

卓上で本格的なたこ焼き作りを楽しむなら、こちらのカセットコンロ付きたこ焼きプレートがおすすめです。専用のU字バーナーで全体をムラなく加熱し、スピーディーかつ本格的にたこ焼きが作れちゃいます。使用後はプレートだけを外して丸洗いもOK。お手入れだって楽ちんです。

7. 大玉のたこ焼きが作れる「山岡金属工業(ヤマキン)鉄板付きジャンボたこ焼き器」

ITEM

山岡金属工業(ヤマキン)鉄板付きジャンボたこ焼き器

サイズ:約幅330×奥行276×高さ108mm

¥9,072〜 ※2018年05月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

通常よりもひとまわり大きめのたこ焼きが作れる、鉄板付き卓上たこ焼き器です。より本格的なたこ焼きを楽しみたいという方や、頻繁にたこ焼きを作るご家庭にぴったりのプロ仕様タイプ。使い込むほどに鉄板が馴染み、生地離れがよくなっていきます。

たこ焼きプレートでいつでもおいしいたこ焼きを♪

自宅でおいしいたこ焼きを作るなら、たこ焼き器よりもたこ焼きプレートが断然おすすめです。お店の味に近い本格的なたこ焼きが短時間で作れるので、急にたこ焼きが食べたくなったときでも、お店まで買いに走らなくて済んじゃいますよ。 後片付けやお手入れもとても簡単なので、気軽にたこ焼き作りが楽しめるのも大きな利点のひとつです。たこ焼きプレートは、たこ焼き好きならぜひ持っておきたいマストアイテム。興味がある方はさっそくゲットしてみてくださいね。
▼たこ焼きの王道レシピ&アレンジメニューも掲載中♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ