12. ごはんがすくいやすい!「象印 業務用電子保温ジャー 約2.2升(4.0L)」

ITEM

象印魔法瓶 業務用電子保温ジャー(保温専用)約2.2升 THS-C40A-XA

容量:約2.2升、サイズ:幅46×奥行38×高さ25cm

¥19,471〜 ※2018年05月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

広く浅い内容器の上本体自体の背が低いので、ごはんをすくいやすい保温ジャーです。フタには手軽に操作が可能な、防水性に配慮した電源スイッチ付き。持ち運びしやすく、頑丈なのもポイントです。外装がステンレスなので置き場所を選びません。

13. スマートなデザイン「タイガー 電子 ジャー 三升 ステンレス 業務用」

ITEM

タイガー 電子ジャー 業務用 保温専用 三升 ステンレス JHA-540A-STN

容量:3升、サイズ:幅43.5×奥行き35.8×高さ31.5cm

¥24,564〜 ※2020年02月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

清潔に保ちやすい、ステンレスボディの保温ジャーです。本体にはほのかに色がついており、スッキリした印象。ダブルヒーター方式で3升のごはんをしっかり保温します。「入」「切」がすぐにわかる通電ランプ付き。シンプルで使いやすく保温したごはんの状態もよいと、リピーターも多い商品です。

14. 置きやすい角型!「タイガー 電子ジャー 業務用 ステンレス」

ITEM

タイガー JHE-A720-XS(ステンレス) 業務用電子ジャー<炊きたて>

容量:4升、サイズ:幅38.5×奥行き41.8×高さ30.7cm

¥27,356〜 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

米粒がつぶれにくい、正方形のコロンとした形の保温ジャーです。たっぷり入る4升容量。清潔を保ちやすい丈夫なステンレスタイプ、四角形で積み重ねOKなので置き場所を選びません。手元で操作できる「入」「切」スイッチ、通電ランプ付きで、使いやすさも◎ですよ。

15. カトレアにほっこり!「タイガー 業務用電子ジャー 1升5合」

ITEM

業務用 タイガー魔法瓶 電子ジャー JHG-A270 1升5合

容量:約1升5合、サイズ:幅34.2×奥行き31.1×高さ32.6cm

¥12,700 ※2018年05月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

やさしい気持ちになるカトレアがデザインされた保温ジャーです。内なべはフッ素加工が施されており、「入」「切」操作は手元でOK。しゃもじとしゃもじ受けも付いています。シンプルで使いやすく、炊きたてのおいしさが持続。ほかに6合タイプ、1升タイプがありますよ。

保温ジャーでご飯を保存するときは

あったかいごはんを食べられる保温ジャー。おいしいごはんを食べるためには、まず炊きたてのごはんを入れることがポイントとなります。そして、保温ジャーに入れたごはんは早めに消費するようにしましょう。いくらあったかいまま保温できるとはいえ、やはり時間をおけばおくほどごはんの風味は落ちてしまいます。 賞味期限は保温ジャーのメーカーによって異なりますが、12時間以内がおすすめです。

保温ジャーでココロもほかほか!

炊きたてごはんの味が楽しめる保温ジャー、いかがでしたでしょうか。家族が多い、大人数が集まるという場面はもちろんですが、家族が異なる時間に食事という場合にも、保温ジャーを使えばアツアツごはんを食べられます。大容量の業務用から4合、5合タイプまであるので、家族構成や保温ジャーを使う場面を考えて購入しましょう。 お昼にスープや味噌汁付きのランチを食べられるランチジャーもおすすめです。ココロもホカホカになる保温ジャーで、おいしい食事をさらにおいしくいただきましょう。
▼おすすめ炊飯器はこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS