ハンガリー

ハンガリーでは、トカイ・アスーと呼ばれる貴腐ワインが造られています。糖度や熟成年数などによって種類が豊富だったり、貴腐ブドウ100%ではないものもあるので、貴腐ワインと言えどもさまざまな味わいがあります。

貴腐ワインができる条件とは

貴腐ワインと呼ばれるための条件は、3つあります。ひとつめは、貴腐菌が付いた貴腐ブドウが原料であること。ふたつめは、恵まれた自然環境、3つめは長期熟成できる上品な甘口ワインであることです。では、詳しく見ていきましょう。

条件1. 貴腐菌が付いた「貴腐ブドウ」が原料

貴腐ブドウとは、貴腐菌が付く・菌の作用により水分が蒸発し糖度が高くなっている・腐敗していないブドウのこと。貴腐ワインを造るためには、貴腐ブドウが原料となることが絶対条件です。

条件2. 恵まれた自然環境

実は貴腐ブドウの生産は、とてもむずかしいといわれています。朝霧の影響でうまれるちょうど良い湿温度、日中は晴天で乾燥していること、水分が上手く蒸発できているという条件が1ヶ月以上続かないと貴腐ブドウはできません。

貴腐ワインは、天候気候に恵まれないと生産できない希少なワインなのです。

条件3. 長期熟成できる上品な甘口ワイン

甘口ワインと言っても、ただ甘いだけではないのが「貴腐ワイン」。甘さの中に、酸味・旨味・長い余韻と複雑さを感じられます。また、熟成させる事で甘みがまろやかになり、より一層おいしく感じられる事が特徴です。

貴腐ワインの味わいと香り

貴腐ワインは、余韻の長い上品な味わいの極甘口ワイン。はちみつドライアンズ干しブドウなど旨味が凝縮した芳醇な香りや味わいと、トロトロとした濃縮感・繊細で上品な甘さが特徴的です。

そして甘いだけではなく、ほどよい酸味が濃厚な甘さをスッキリとした口当たりに変えてくれる特徴もあります。食前酒として飲むのもよし!食後酒としてデザートと一緒に食べるのもよし!

私のおすすめは、食後にブルーチーズと合わせて食べること。塩味の強いブルーチーズと、トロリとした口当たりの極甘口ワインが同時に口に入ることで、最高のハーモニーを感じられます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ