「貴腐ワイン」はなぜ極甘になるの?人気おすすめ商品6選

独特のぶどう栽培方法による希少性と、極上の甘さから「ワインの帝王」と称される貴腐ワイン。どのように作られるワインなのか、同じくデザートワインとして知られるアイスワインとの違いは何なのか、おすすめの貴腐ワインを紹介します。

2018年6月6日 更新

ワインの帝王「貴腐ワイン」とは

原材料となるのは貴腐ぶどう

「貴腐ワイン」とは、白ワイン用のぶどうを「ボトリティス・シネレア」という菌に感染させる(カビさせる)ことによって作るワインをいいます。菌に感染したぶどうを「貴腐ぶどう」といい、これを使うから貴腐ワインと呼びます。

ボトリティス・シネレアは世界中に分布しており、多くの植物にとって病原菌とされていますが、白ワイン用の成熟したぶどうに感染しても悪影響はありません。果実の外面は白くカビてしなびたような見た目になりますが、ぶどうを甘く、より芳醇にしてくれるという効果があります。

貴腐ワインの味・飲み方

貴腐ワインはとても甘い白ワインです。通常の白ワインは冷やして飲むことが多いですが、貴腐ワインも甘みを感じるためには冷した方がいいとされています。芳醇な香りを楽しみたい場合は常温で飲むこともありますが、基本的には4から8℃程度に冷した方がおいしいといわれています。

とても甘いワインなので、飲むタイミングは食前か食後に。食中酒にはあまり向きません。デザートを食べる際に一緒に飲むのがおすすめです。チーズなどによく合いますよ。

貴腐ワインの名産地

貴腐ワインの名産地は、ハンガリーのトカイ地方、フランスワインの一大産地ボルドーのソーテルヌ地方、ドイツのライン地方やモゼル地方が3大産地として知られています。

特に、ハンガリーのトカイ地方は貴腐ワインの発祥といわれ、1650年頃、オスマン帝国の侵略によってぶどうの収穫が遅れたことがきっかけだったのだそう。偶然誕生したトカイワインが始まりでした。フランスの「太陽王」ルイ14世は、贈られたトカイワインを絶賛したと伝えられています。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう