ライター : motte

都内に住む主婦です。1歳&4歳の娘と、日々育児という名の格闘中です♡好きなことはおいしいものを食べること、食品サンプルを眺めること、旅行、編みもの。英語とフランス語が大好きで…もっとみる

氷砂糖とは?

氷砂糖とは、もちろん読んで名のごとく、まるで氷のような見た目のお砂糖のこと。「氷糖(ひょうとう)」と呼ばれることもあります。実はこのひとつひとつは、お砂糖の大きな結晶なんですよ。果実酒によく使われるお砂糖としても知られていますね。 ちなみに細かく分類すると、大きさも形もバラバラでかち割り氷のような形をしたものは「ロック氷糖」、そして四角形や八角形で、全部がほぼ同じ大きさをしているものは「クリスタル氷糖 」と呼ばれます。

氷砂糖の作り方

氷砂糖の製造は、グラニュー糖や白ザラメを水に溶かすところから始まります。これを決められた糖度まで濃縮したあと、液の中にタネとなる「種糖」を加えて、再結晶を促します。工程によって結晶の形や大きさが変わってくるのだそう。 ロック氷糖にしたいならば、浅い容器に張った液に種糖を入れ、約2週間かけて結晶を成長させます。クリスタル氷糖は少し複雑で、種糖を円筒形のカゴに入れたら、それを回転させながら4日間ほど成長させます。

賞味期限ってあるの?

氷砂糖に限らず、砂糖は長期保存が可能な食品とされています。それは品質が安定しており、気温の変化などに影響されにくいからです。そのため袋に賞味期限の表示がないんですよ。購入の機会があればぜひ見てみてくださいね。

氷砂糖はカロリーが低いって本当?

氷砂糖のカロリーは100gあたり387kcal。氷砂糖は、よくダイエットに向いているといわれたりもしますが、ほかの砂糖と比較すると、上白糖は384kcal、グラニュー糖は387kcal、黒砂糖は354kcaとほとんど変わりません。

氷砂糖の使い道

氷砂糖は固まっており、溶けにくいという性質があります。そのため、冷たい料理や紅茶などに使うのはむずかしいですが、じっくり煮込む煮物料理にはおすすめ!上品でやさしい甘さの煮物ができるので、ぜひ余ったら使ってみてくださいね。

氷砂糖アレンジレシピ5選

1. アップル&グレープフルーツビネガー

フルーティーな甘みとさわやかな香りが楽しめるビネガーは、氷砂糖をゲットしたらぜひ作ってほしいレシピのひとつ。すっきりとした味わいで、お酢の酸味が苦手な方でもおいしくいただけますよ。炭酸水で割れば、爽やかドリンクに仕上がります。
Photos:8枚
グラスの中のアップル&グレープフルーツビネガー
フレッシュいちごジャムといちごの果肉
瓶の中のいちごワイン
保存瓶の中の氷砂糖とレモン
保存瓶の中のゆずと氷砂糖
瓶に入った氷砂糖とスライスオレンジ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS