勘違いしてる人が多い?「茶色の卵」と「白い卵」の違いとは

スーパーで卵を買う時に「茶色の卵」と「白い卵」が置いてるときがあります。あなたはどっちが好きですか?今日は奮発してちょっと高めの「茶色の卵」なんてことも…。卵の違いをちゃんと理解していますか?

「茶or白」どっちの卵が好きですか?

茶色の卵の方が栄養値が高いとか、茶色の卵の方がおいしいとか、茶色の卵はキッシュに合う、白い卵はケーキに合うとかいろいろ噂がありますよね。スーパーでも茶色の方が値段が高いことが多いと思います。
しかし、本当は…

実は中身は一緒

じつは栄養や味など中身に違いはなそうです。ちょっぴり意外だったのではないでしょうか?唯一の違いは殻の色。殻の厚みも一緒なんです!
実は生んでいる鶏の色が違うだけなのです。白い卵は、白い鶏が。茶色い卵は茶色い鶏が産んでいるのです。基本的に味や栄養価は変わりません。

出典: www.yosage.com

では、なぜ値段が違うのか…

茶色い方が高い理由

理由は単純で、茶色の卵を産む鶏の方が白い卵を生む鶏より大食いだからだそう。エサ代の分だけ高くなっているわけです。
↑これが茶色い卵を産む大食いのニワトリ。
↑これが見た目通りの白い卵を産むニワトリ。

味が変わるポイントはエサ

味が変わる大きなポイントはニワトリが育つときの餌です。諸説ありますが、とうもろこしを餌とするニワトリの卵がもっともおいしいとされています。
茶色の卵の鶏と白い卵の鶏を全く同じ餌で育てると、茶色も白も割ってしまえば味は同じで、殻の色以外の差はなくなります。

出典: news.livedoor.com

茶色の方がおいしいと思っていた方も多かったのでは?中身が一緒とは驚きでしたね!

特集一覧

SPECIAL CONTENTS