保存方法

ギーは長期保存が可能なオイルですが、ほかのオイル同様に気をつけて欲しいことはいくつかあります。直射日光や高温多湿の場所に弱いので、保管はなるべく日光が届かないシンク下やパントリーなどで行いましょう。湿気が多くなる暑い季節には、冷蔵庫での保管がおすすめです。また、きちんと煮沸して清潔な密封できる瓶を用意できるといいですね!

おすすめの使い方

普段の料理に

加熱に強く、焦げにくいと言われているギー。バターや炒め油の代用品としても使うことができます。サラダやパンなどを食べるときにも、ほんのりバターの風味を生かすことができます。ただし、バターやほかのオイルと同じくカロリーは高め。飽和脂肪酸メインで構成されているので食べ過ぎは禁物です。

ドリンクに混ぜて

溶かしバターとしてバターコーヒーにチャレンジしたことある人もいるのでは?実際に無塩バターを使ってバターコーヒーを作った人もいるかもしれませんが、ここをギーに代替えしてみるとよりおいしく健康的にバターコーヒーを飲むことができます。 また、ホットミルク、白湯などにギーを入れても◎!朝や夜においしい1杯を入れてみませんか?

ギーは通販で購入もできる!

1. 雑味なし!あっさり味の正統派のギー

ITEM

ギー・イージー 200g

¥1,968

内容量:200g

※2018年5月5日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
EUオーガニック認証取得のグラスフェッド・ギー。オランダで自由放牧された牛のミルクを使ってできたギーで、米国のTIME誌は「最も健康的な食品ベスト50」に選定されたひと品です。雑味がなくあっさりしていて、バターの芳香な香りが優雅でおいしいギーです。

2. 中鎖脂肪酸オイル&ギーのリキッドタイプのオイル

ITEM

MCT&ギー・オイル 360g

¥2,498

内容量:360g

※2018年5月5日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
MCTオイルというココナッツやパームヤシなど、ヤシ科植物の種子の核部分に含まれている天然成分である中鎖脂肪酸オイルと、オランダで育ったグラスフェッドバター使用のギーを使ったリキッドタイプ。適量をコーヒーに入れるだけで流行りの「完全無欠コーヒー」ができあがる便利な1本です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ