バターや油の代わりに話題の「ギー」を使う♪ 使い方や作り方を解説

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」のなかでも使われる「ギー」。もともとは医療や宗教儀式を通して、人々の生活に寄り添っていました。最近ではお料理、マッサージなど幅広い用途で、世界中で親しまれています。今回はそんなギーについて特集します。

2018年5月16日 更新

話題のオイル「ギー」とは?

不純物を取り除いた溶かしバター

みなさん、「ギー(Ghee)」というものをご存知ですか?牛乳、バターから不純物を取り除いて、純粋なオイルにしたもののことを言います。加熱過程で余分な水分や糖分、タンパク質などが取り除かれることで、バターよりも腐りにくく、常温での保存可能になります。

宗教儀式にも使われる歴史あるオイル

インドでは5,000年以上の歴史を持つ、世界最古の医療と言われる伝承医学「アーユルヴェーダ」。アーユルヴェーダの古典医学書である「チャラカ・サンヒター」のなかでギーは「無数の効果を上げることができる」と言われています。料理や食用にだけ用いられると思われがちなギーですが、実はマッサージや薬用、そして宗教儀式にも使われているんです!礼拝などでは神像を沐浴させたり、お供えものとして使われることがあります。

世界各地で愛用されている

世界中で愛用されている万能オイル「ギー」。料理やマッサージなど多くの場面で用いられています。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう