スナック感覚のぶどう?「トンプソン」の味わいや保存方法

輸入ぶどうの種類が豊富となっている中、トンプソンシードレスというぶどうをご存知でしょうか?ほとんど種がなく、皮つきのままスナック感覚でいただける白ぶどうです。トンプソンシードレスの特徴や旬の時期、保存方法をご紹介します。

トンプソンシードレスってどんなぶどう?

品種と原産地

19世紀中頃から盛んに栽培されるようになったアメリカ原産の白ぶどうで、本場アメリカではポピュラーなぶどうの1種です。赤ぶどうの方は「クリムゾンシードレス」と呼ばれます。カリフォルニアレーズンの原料となるぶどうは、ほとんどがこのぶどうとなります。日本に輸入されているものは、アメリカ・カリフォルニア産のものやチリ産のものが多いようですが、2014年にはオーストラリア産のものも輸入解禁されています。

皮ごと食べられる!

縦に長い楕円体をしているものが多く、皮が薄く剥かなくてもそのまま食べられるのが特徴。果肉もしっかりとしていて、サクッとした歯ざわりが楽しめます。果汁もありジューシーですが、酸味もありあっさりとした味わいで甘ったるさはありません。ほとんど種がないのも人気となったポイントです。

おいしい時期や旬は?

アメリカのカリフォルニア産のものは輸入され、8月下旬頃から11月中旬辺りまで店頭に並びます。チリ産は12月頃から5月頃まで、オーストラリア産は4月から6月に出回るので、さまざまな産地の物がほぼ一年中楽しめることになります。

おすすめの食べ方

しっかりと冷やしてよく洗い、そのまま皮ごと食べるのがおすすめです。凍らしてからいただくとシャーベットのようになり、暑い季節などおやつにもぴったりです。甘さ控えめなのでケーキなどのデコレーションに用いるのもいいのではないでしょうか。種がないのでサラダに入れたり、生ハムを添えて冷菜としていただくのも味わい豊かで楽しめますよ。

見分け方と保存方法

おいしいぶどうの見分け方

色鮮やかで、表面に光沢とハリがあるものを選びましょう。果皮に白っぽい粉が付いているものは「ブルーム」と呼ばれるもので、ぶどうがおいしさを保つために自ら出す天然成分なので、この粉がまんべんなく付いているものは鮮度がよい証拠でもあります。軸が茶色く枯れているものは、鮮度が落ちているものですので避けるようにしましょう。

上手な保存方法

房のままではなく、実を1粒ずつ枝から離し保存袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。枝を3mmほど残すようにハサミで切り離すと、さらに長持ちしますよ。果皮に付いたブルームは鮮度を保つ役割もあるので、水洗いは食べる直前におこなうようにします。

トンプソンシードレスは通販でも買える♪

カルフォルニア産・チリ産・オーストラリア産と、その時期のいちばんおいしいトンプソンシードレスを発送してくれるお店です。よく冷やして皮ごといただきましょう。さっぱり爽やかな甘みで、凍らせていただくと日持ちもしておすすめですよ。

スナック感覚で食べたいトンプソンシードレス

最近では、スーパーでもよく見かけるようになったトンプソンシードレス。すっきりとした甘みと程よい酸味で、甘いものが苦手な方でもおいしくいただけそうですね。種もなく皮ごといただけるので、わずらわしさもありません。

小腹がすいた時やおやつの代わりなど、流水でサッと洗ってスナック感覚でサクッといただきましょう♪ 生ハムやサーモンなど冷菜に合わせてワインといただくのも楽しめそうですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう