日本茶の種類と基本知識!淹れ方やおすすめ商品5選

私たちにとってもっともなじみ深いお茶「日本茶」。煎茶や玉露、抹茶などの名前があることはご存知かと思いますが、これらにどんな違いがあるかはご存知でしょうか?今回は、日本茶を細分化して味わいや製法について解説し、おすすめ商品も紹介します!

2020年1月4日 更新

3. 老舗が作る玉露「上辻園 宇治玉露」

ITEM

上辻園 宇治玉露

内容量:100g

¥1,404 ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「上辻園」は、お茶処宇治の老舗茶園です。本場宇治の茶園で、通常の煎茶よりも手間ひまをかけ、丹精込めて作られた玉露。ていねいに低温で抽出し、玉露にしか出せないまろやかな甘みと香りを楽しんでみてください。

4. 手軽でおいしい玄米茶「大井川茶園 茶工場のまかない 宇治抹茶入玄米茶 」

ITEM

大井川茶園 茶工場のまかない 宇治抹茶入玄米茶

内容量:500g

¥608 ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「茶工房のまかない」と名前にあるように、大容量でありながら手を出しやすい値段が魅力の玄米茶です。通常の安価な玄米茶であれば煎茶と玄米を混ぜただけのものですが、こちらの玄米茶は掛川の深蒸し茶と宇治抹茶をブレンドして作ったもの。安いのにおいしいと人気です。

5. 鹿児島産のおいしいお茶「カネイ一言製茶 鹿児島煎茶 あさつゆ」

ITEM

カネイ一言製茶 鹿児島煎茶 あさつゆ

内容量:100g

¥1,234 ※2018年05月06日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

近年、特においしいお茶として注目されているのがこの鹿児島のブランド「あさつゆ」です。抽出したお茶は濃い緑色ですが、味わいは渋味がほとんどなく甘みがあってまろやか。そのおいしさから「天然玉露」とも呼ばれているんだとか。

種類によって淹れ方を変えよう

「日本茶」とひと口にいっても、製法や飲み方にも違いがあります。一般的に私たちが日常で飲んでいる緑茶といえば、大抵が煎茶やほうじ茶ではないでしょうか。淹れ方も比較的簡単です。 一方、高級な玉露や抹茶は淹れ方も手間がかかり、抹茶の場合は作法もあるため手が出しにくいお茶、と思いがちです。でも、自宅で楽しむ分には作法を気にしなくても大丈夫。おいしい淹れ方、立て方さえ知っていれば手軽に飲めますよ!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS