ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

知らないと損⁉︎ 小籠包のおいしい食べ方

台湾や中国へ旅行をすると、必ず食べたくなる小籠包。小籠包を食べ比べるために渡航する人もいるかもしれませんね。中国発祥の点心のひとつである小籠包は、見た目は小さな肉まん。直径3センチほどで、基本の中身としては豚ひき肉やニラ、キャベツ、生姜と私たちにもおなじみの餃子と変わりありません。 台湾では、エビを使ったものや蟹味噌入り、ヘチマ入り、そしてなんとチョコレート入りなど変わり種も増えてきており、観光客もローカルも楽しめるアレンジの幅が広い料理です。

食べ方の手順

食べる前に

海外のお店では小籠包だけ運ばれてきて、薬味である千切り生姜やタレとして使う醤油や酢は別カウンターから自分で運んでくるスタイルをとっていることも。自分で取ってくる場合には、注文をしてから料理が運ばれてくる間に醤油や薬味を準備しておくと便利です。

1. 小籠包にタレをつける

優しく小籠包をひとつまみしたら、静かにタレへつけましょう。薄皮の小籠包はお箸で触ると破けてしまいそうですが、小籠包の包んであるアタマの部分をつまむと破れにくいです。

2. 小籠包をレンゲの上に乗せる

普段食べている餃子やシュウマイの要領で考えると、そのまま口に運びたくなりますが、蒸したての小籠包は熱々!特に小籠包は中のスープを楽しむ食べものでもあるので、そのまま口へは運ばずに一度レンゲに乗せてみましょう。こうすることでかじりついたときに溢れ出るスープを逃さずに楽しむことができますよ♪

3. 千切り生姜を添える

ここで薬味である千切り生姜をレンゲにのせます。大きなレストランで食べる場合には小籠包と一緒に運ばれてきますが、小さなお店ではタレと合わせて自分で用意することがあります。濃厚な小籠包のスープやお肉の脂をさっぱりと整えてくれる千切り生姜。小籠包を食べる上でのマストな薬味です!

特集

FEATURE CONTENTS